2005年12月13日

全快祝

OSにもハムストリングスの怪我全快! ニュースがアップ。
これでトレーニング全開だそうです。
昨日はベルギーで行われた男子のエキシビジョン、にサプライズ登場したというニュースもあって、幼馴染みのオリビエ・ロフスと並んだ写真がどっちもちっこくてかわいい〜。

↓TENNIS WEEK より
http://www.sportsmediainc.com/tennisweek/index.cfm?func=showarticle&newsid=14419&bannerregion=

これによるとエナンは5f53/4、オリビエ5f5。エナンのほうが背が高いのか。
オリビエってすごい。

↓Belgaの写真
http://picture.belga.be/cgi-bin/belgapict/belgapicture.sh?ACTIE=DETAIL&FILE=/galleries/138187.html

→ニュース原文
posted by ochappa at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

ウエルカムバック・ヒンギス!

11月30日。
マルチナ・ヒンギスがついにツアー復帰通告。
オーストラリアン・オープンのマネジャー、マクナミー氏によれば、
すでに非公式ながらワイルドカードの打診がヒンギス側からあったと。
オーストラリアテニス連盟としてはもちろん大喜びの大歓迎。


Hingis To Make Return To Sony Ericsson WTA Tour
Former world No.1 Martina Hingis has decided to return to the Sony Ericsson WTA Tour in 2006, her management company Octagon confirmed on Tuesday.

"I was never happy that my injuries cut my career short and ultimately forced my decision to step away from tennis," said Hingis. "I have enjoyed my time away from the court, a period that has allowed me to experience a different side of life. However, I miss the game and the challenge of competing at the highest level of tennis, and I want to gauge whether I can stay healthy and compete against today's top players."

http://www.wtatour.com/newsroom/stories/NewsArticle_8437_rx.asp


前置きなしに一気にキタって感じです。
今年3月のタイでの大会は、あくまでもチャリティと思っていました。
泣きたいほど、うれしい。
posted by ochappa at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

鮫とウインブルドン

Greenyサイトにアップされたいたベルギーの新聞DHのニュースより。
フランス語なので、Googleの翻訳機にかけました。
例の鮫話ですが、ここでは「ケージを出て泳ぐ」と出てくるので、非常に心配です。

□■□
Henin will swim with the sharks (15/11/2005)

Wimbledon will be its objective for 2006

Los Angeles Justine Henin will have carried out for nothing the passage flash in Los Angeles, this week- end. Not only it avoided paying a strong fine but moreover it received Saturday, at the time of the evening of closure season, the price of the most intuitive player of the year, result of the vote of 46.000 Net surfers.
"My career took a turning these last months but I feel that the road starts to become again right! "it about its wound entrusted. "I r?entra?ne physically for two weeks and I have even typed twice the ball with Pierre-Yves."
The prize winner of Roland-Garros should not however not take again her racket in the days to come, considering which it flies away all soon for three weeks of holidays in South Africa.
"We wanted of more sporting holidays after having left three years following the beach. Safaris are envisaged, one at dawn and the other the evening. To Elizabeth Port, I even will swim out of cage in the medium of the white sharks. I do not dare to think of it but I accepted to give pleasure with Pierre-Yves."
The year 2006, Justine Henin thinks of it also already. If to be in good health is its most invaluable wish, Wimbledon will be its principal objective.
"I dream of Wimbledon. I will never sacrifice Roland-Garros but I realize more and more that Wimbledon is the only tournament of the Large Slam which misses with my prize list. I would like really to gain it.


「ここ3年、ホリデーをビーチで過ごしてきたけど、もっとスポーチブなホリデーをしたかったの。エリザベス港では、ミディアムな白鮫とケージの外で(!!!)泳ぐつもりよ。私が自分でそうしたいと思ったわけではないけど、ただピエールと楽しみたいと思って」

エナンにとって、かけがえのない夢はウインブルドン。
「ウインブルドンを夢見ます。ローランギャロスを犠牲にするようなことは決してしないけれど、ウインブルドンは唯一、私に残されたビッグタイトルだってことはよくよく感じます。ホントにウインブルドンのタイトルを欲しています」

□■□

ミディアムな白い鮫と泳ぐそうです。
鮫は元来、凶暴な動物ではないそうです。ただ怒ると、あるいは身の危険を感じると襲うのです。エナンが鮫を怒らせることはないでしょうが、闘争本能では鮫といい勝負かもしれません。

posted by ochappa at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

鮫ニュース

OSにも出ているとおり、アフリカでバカンスを送っているエナンのアトラクションは、今度はなんと鮫と泳ぐことである。
ケージに入って鮫のいる海へ潜るのだそうだが、いいのだろうか鮫と遊んで?

シーズンオフを迎えたTENNIS WEEKにも記事が載っていた。

↓Henin-Hardenne Swims With Sharks
 「鮫(複数)と泳ぐエナン」
http://www.sportsmediainc.com/tennisweek/index.cfm?func=showarticle&newsid=14315&bannerregion=


リードでこんなふうに書かれていて笑える。

□■□Justine Henin-Hardenne occupies the sixth spot in the WTA Tour rankings, but she is the undisputed No. 1 player in the world when it comes to pursuing daredevil activities. The two-time Roland Garros champion, who has soared to new heights in taking up sky-diving as a hobby, will plunge to new depths this week in her latest adventure ― swimming with sharks.

今年6位に終わったエナンであるが、向こう見ずな活動を追求する面では文句なし、ナンバー1だろう。
この2回のロランギャロス・チャンピオンは、趣味でスカイダイビングで空高く舞ったかと思うと、今週は深い海へ潜ろうとしている。鮫と泳ぐために。

□■□
posted by ochappa at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

イヤー・オブ・カムバック

Hustonのchron.comニュースより。

「2005年はカムバックの一年だった」

WTA 2005: The Year of the Comeback ↓
http://sports.chron.com/default.asp?c=chron&page=tennis-w/news/BBN3990684.htm
posted by ochappa at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ウイリアムズ姉妹と巨大ラケット

日本の朝日新聞のスポーツ欄にもちらと載っていましたね。
チャリティで巨大ラケットと巨大ボールでプレイするビーナスとセレナ。
何のチャリティが調べてませんが、爆笑クリップ↓

http://www.nwcn.com/perl/common/video/wmPlayer.pl?title=www.king5.com/eveningmagazine/EMwilliamsraw.wmv&props=SPORTS
posted by ochappa at 15:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

2005イヤーエンドランキング

http://www.wtatour.com/rankings/singles_numeric.asp

1 (1) DAVENPORT, LINDSAY USA 4910.00 1643.00 16
2 (2) CLIJSTERS, KIM BEL 4829.00 1719.00 17
3 (4) MAURESMO, AMELIE FRA 4030.00 1282.00 19
4 (3) SHARAPOVA, MARIA RUS 3958.00 1291.00 15
5 (5) PIERCE, MARY FRA 3797.00 1516.00 14
6 (6) HENIN-HARDENNE, JUSTINE BEL 2936.00 1107.00 9
7 (8) SCHNYDER, PATTY SUI 2774.00 829.00 26
8 (7) DEMENTIEVA, ELENA RUS 2748.00 935.00 20
9 (10) PETROVA, NADIA RUS 2638.00 763.00 25
10 (9) WILLIAMS, VENUS USA 2628.00 989.00 12
11 (11) WILLIAMS, SERENA USA 1851.00 744.00 10
12 (13) DECHY, NATHALIE FRA 1773.00 626.00 26
13 (14) SCHIAVONE, FRANCESCA ITA 1704.00 615.00 22
14 (12) MYSKINA, ANASTASIA RUS 1616.00 461.00 19
15 (16) VAIDISOVA, NICOLE CZE 1581.00 548.00 17
16 (17) IVANOVIC, ANA SCG 1551.00 639.00 16
17 (18) LIKHOVTSEVA, ELENA RUS 1519.00 552.00 22
18 (15) KUZNETSOVA, SVETLANA RUS 1491.00 351.00 17
19 (19) HANTUCHOVA, DANIELA SVK 1486.00 468.00 25
20 (20) SAFINA, DINARA RUS 1372.00 443.00 21
21 (21) GROENEFELD, ANNA-LENA GER 1365.50 470.00 28
22 (22) JANKOVIC, JELENA SCG 1320.00 436.00 29
23 (23) PENNETTA, FLAVIA ITA 1240.00 349.00 24
24 (24) GOLOVIN, TATIANA FRA 1195.00 373.00 22
25 (25) KIRILENKO, MARIA RUS 1107.00 382.00 26
26 (26) PESCHKE, KVETA CZE 1028.75 423.00 25
27 (27) DULKO, GISELA ARG 1008.00 387.00 23
28 (28) SREBOTNIK, KATARINA SLO 997.75 345.00 21
29 (29) MOLIK, ALICIA AUS 996.00 340.00 15
30 (30) SUGIYAMA, AI JPN 994.50 313.00 27

□■□ということで今年は6位で終了。
ダベンポートが2年連続4度目の年末ナンバー1というのはスゴイのか素晴らしいのか、なんなんでしょう。
今年グランドスラムを優勝した選手で年末チャンピオンシップまで出られたのはキムだけ。セレナ、エナン、ビーナスと秋のシーズンはほとんど欠場。ランキングもその通りで、ビーナス・セレナが、ワンツートップどころか、トップ10のケツを占めるという有様です。
今年は大ブレイクかと期待したクズネツワはがくんと18位。
まったく話題に上ってなかったピアスが5位ということで、今年もなかなか予想外の、意外性に満ちた一年でした。

□上と同順位のはずのポルシェ・レースランキングですが、なぜかエナン7位、パティ・シュニーダー6位とか、相違が見られるのです。

http://www.wtatour.com/rankings/porsche/singles.asp

なぜでしょうか?
posted by ochappa at 20:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

2006年エナンのツアースケジュール

出ました!
エナンのOSニュースレターより。
http://www.henin-hardenne.be/bin/newsletterpreview.asp?ID=76

1. Sydney (AUS Tier II Rebound Ace) Jan 9-14
2. Australian Open (AUS Grand Slam Rebound Ace) Jan 16-29
3. Dubai (UAE Tier II Hard Court) Feb 20-26
4. Indian Wells (USA Tier I Hard Court) Mar 6-19 m
5. Miami (USA Tier I Hard Court) Mar 20 - April 2
6. Charleston (USA Tier I Green Clay) April 10-16 a
7. Warsaw (POL Tier II Red Clay) May 1-7
8. Berlin (GER Tier I Red Clay) May 8-14
9. Roland Garros (FRA Grand Slam Red Clay) May 29 - June 11
10. Eastbourne (GBR Tier II Grass) June 19-24
11. Wimbledon (GBR Grand Slam Grass) June 26 - July 3

インディアンウエルズとマイアミ両方入っているのがやや意外。過去3年はどちらにしかエントリーしていなかったエナン。WTAのルール変更で、来年からマイアミは出場義務大会になったからでしょう。マイアミを第5のグランドスラムとしたい意向があるのか?

そのほか、今年の主な数字。

9 is the number of events Justine played in 2005.
出場大会→9.少ない;;

39 is the number of matches Justine played in 2005. It' the exact same amount as in 2004.
試合数→39.期せずして去年とまったく同じ。

859 is the number of games she played this season.
ゲーム数→859.けっこう多いものだな。

5-0 is Justine's record for tie-breakers this year. I'ts also the number of semi-finals she played.
タイブレーク成績→5戦5勝。セミファイナルも5回あった。タイブレに強かったエナン。

100% is Justin's red clay record this year. A perfect 24/24 with no loses!
クレー大会の成績→24戦24勝。100%パーフェクト! 素晴らしい!

ローランギャロスで話題になったことだが、エナンは23歳の誕生日を迎えた翌日にセミで勝ってクレーコート23連勝とし、ファイナルで勝ってキャリア通算23勝をマークした。あのとき23はまさにラッキーナンバーだった。
posted by ochappa at 00:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

エナンのシーズン終了インタビュー(Update)

エナンが10/30(月)に公式にチャンピオンシップ欠場を発表した。
これにて今年のエナンはおしまい!

http://sports.yahoo.com/ten/news?slug=ap-wta-henin-hardenneout&prov=ap&type=lgns

そしてオフィシャルサイト英語版の記事↓
http://www.henin-hardenne.be/bin/shownewsprt.asp?lang=en&id=2161

いろんなことをしゃべってます。
いろいろ大変だったみたいです。

OSの英語版ですが、非常にデリケイトな内容で、訳すのも難しい感じがします。
以下、原文と概略。

(★exciteのフランス語→英語の翻訳機にもかけてアップデイトしました11/4)

■■■

Justine Opens Her Heart

October 31, 2005ハ
Sidetracked in tennis with an injury, hurt by her Belgian critics, misunderstood by her compatriots on the matter of the change in residence to Monaco earlier this year, and the lack of Fed Cup participation. Justine held a heartful press conference to clear the air, and express herself.

---怪我による欠場、同じベルギー人から受けた批判、モナコへの移住へ向けられた誤解、フェドカップ不参加への批判などなどについて。エナンは心のこもった記者会見を開き、雰囲気をクリアにし、自分の気持ちを語った。

"I've heard alot of things said about myself on various subjects, and in the end it's quite tiresome, and sad. I'm holding a press conference today to give you my expressions, and impressions. I had hoped things wouldn't arrive to this point, nor would there be a need; but I want people to understand the reasons for my decisions."

「いろんなことについて、いろんな意見を耳にしました。たいへん厄介で悲しく感じていました。今日は説明と私の気持ちを説明するために記者会見を開きました。こういう場を開かなくても済むよう願っていましたが、ただ私にはみなさんに、私の決断の理由を理解してほしいのです。

With an open heart, and even a touch of emotional quiver to her voice, Justine spoke openly about many topics. The unfortunate forfeit of her well deserved berth to the WTA Championships for the 2nd year in a row, her Fed Cup decisions that have caused national speculation about her patriotism, and the conclusion of the successful partnership with trainer Pat Etcheberry.

---心を開き、感情に時に声を震わせながら、エナンはオープンにたくさんの事について語った。2年連続、欠場しなければならなかったチャンピオンシップ、フェドカップの決定(それは彼女の母国への愛着についての思いを引き出した)、そしてうまくいっていたパット・エチェベリーとのチーム解散について。

→つづき
posted by ochappa at 12:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

TENNIS MAGAZINEの40 Gratest Players

アメリカのTENNIS MAGAZINEが創刊40周年を記念して、過去40年間のグレイト・プレーヤーを40人ランキング。エナンは31位にランク付けされた。
そのエナンの紹介記事が、短い中にギュギュッとエッセンスが詰め込まれていてなかなかいいのでご紹介したい。その他ランキングはグリニーのブログに詳しい。

以下、本文と概要。

■■■

31. Justine Henin-Hardenne

Celine Dion is one of her favorite singers, but don't let that fool you. Pound for
pound, the 5-foot-6 Justine Henin-Hardenne is more hard rock than easy listening.

セリーヌ・ディオンがお気に入りだというが、だまされてはいけない。5フィート6インチのエナンはイージーリスニングよりもずっとハードロックのほうが似合う。

Oh, early in her career people called Henin-Hardenne mentally fragile, a choker, you name it. But the lithe native of Belgium adopted a grueling fitness regimen that fueled her confidence and put the final touch on her transformation into one of the toughest competitors since Jimmy Connors.

キャリアの初期、彼女はメンタル的にもろい、チョーカーだと言われていた。しかし、このしなやかなベルギー人は、過酷なフィットネストレーニングを取り入れ、自信を身につけた。そしてジミー・コナーズ以来のもっともタフな競技者へと変貌を遂げたのだった。

Henin-Hardenne showed her moxie at the 2003 U.S. Open. In the semifinals, she battled Jennifer Capriati for 3-plus hours before winning 7-6 (4) in the third. Less than 24 hours and one IV drip later, she returned to Arthur Ashe Stadium looking fresh, and beat her compatriot Kim Clijsters for the title.

エナンは2003年のUS OPENでその力を見せつけた。セミファイナルでジェニファー・カプリアティと3時間以上の激戦を戦い、第3セットを7-6(4)で勝ちきった。その試合後、点滴を受けてから24時間足らず、アーサーアッシュスタジアムに元気な姿で戻ってきた。そして彼女の同僚、キム・クリスターズを破って優勝した。

But it would be a mistake to think of Henin-Hardenne as just a gutsy fighter. She's also an artist on the court: Her footwork is balletic and fluid, her inside-out forehand is as potent as any woman's, and no less an authority than John McEnroe has called her backhand the best in the business. That combination of killer instinct and beautiful shot-making is what sets Henin-Hardenne apart. --James Martin

しかし、エナンを単にガッツのあるファイターだと思ったら間違いだ。彼女はまたコート上のアーティストでもある。フットワークはバレーチックでしなやかだ。インサイド・アウトのフォアハンドはほかの選手同様有力で、テニス界の権威ジョン・マッケンローは、彼女のバックハンドは世界で最高のショットだと言っている。キラー本能と美しいショットメイキングのコンビネーション、これがエナンを特別なものにしている。

→続き
posted by ochappa at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

新兵器ホークアイ

ジャッジのビデオ判定導入はいつか。いよいよ現実的になってきたか?
早ければ来年。ただしオーストラリアン・オープンはなし。
新兵器「ホークアイ」はプロテニスをどう変えるか、あるいはちっとも変えないか?

アメリカESPN10/17の記事より↓

Hawk-Eye on the future of tennis

http://sports.espn.go.com/sports/tennis/columns/story?id=2194370&num=0

ホークアイを開発したのはイギリス人のポール・ホーキンズさんという人。(どうでもいいけどね)オーストラリアン・オープンのキーステーションがホークアイを使用していたのはイギリスが売り込んだためだろうか。

アメリカUS Openでは、ホークアイではなくポイントトラッカーというビデオカメラシステムを使用していた。ネット上でも見られて、たいへん面白かった。ワウワウの岩佐アナの話では、システム開発に70何億円かけているということだが、当然、アメリカの大会へはこれが売り込み攻勢をかけるだろう。アメリカではどちらが採用されるのだろうか。


posted by ochappa at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

エナンの問題

フィルダーシュタッツ・ポルシェ大会前後にネットに出没したエナンに関する“問題”記事について。

OSに10/8に載ったCarlos points out the issues!(カルロスが問題を指摘!)は、大会直前、カルロスコーチに取材したジャーナリストが、OSに頼まれて書いた記事だそうだ。それがカルロスが実際に話したことより、ずっとセンセーショナルに書かれたものらしい。誤解と騒ぎを回避するため、10/11にあらためて、カルロスの発言を正確に記したLet's look to the future with more serenity!(もっと冷静に将来を見よう!)がOSにアップされた。私も不審に思っていた記事の代替えの背景には、こういう経緯があったのである。

↓10/18のOSの記事
http://www.henin-hardenne.be/bin/shownewsprt.asp?lang=en&id=2149

エナンの記事に一喜一憂、すぐ色めきたってしまうメディアが、かなしいほどおかしい。
いずれにしろ、カルロスの言からエナンがプライベートな問題を抱えているのは事実。おとなしく、エナンの復帰を待ちたい。ファンも辛抱のしどころです。



posted by ochappa at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

チューリッヒ欠場決定

OSでエナンはチューリッヒ欠場を表明。リンツも出場なし。
同時にエナンのダイアリも更新。
「現実を見なくてはいけない」とエナンは書いている。
ダイアリによると、右脚ハムストリングに、まだ痛みがあるのである。十分な練習ができない、こんな状態で試合を続けたくないと言っている。フィルダーシュタッツの後、動きの問題について適切に処置していなかったと認識したようだ。

チャンピオンシップについては、まだ出場権を得たわけでもなく、なんともいえないと言っている。
セレナはもう今シーズン終了宣言。ビーナスもチューリッヒを欠場。今後の予定はわからない。
エナンのポルシェレースは現在第5位。現在6位でモスクワで勝ち上がり中のピアスには抜かれるだろうし、出場権についても少し微妙だ。

1 CLIJSTERS, KIM BEL       4467.00 15
2 DAVENPORT, LINDSAY USA    4182.00 14
3 SHARAPOVA, MARIA RUS      3499.00 13
4 MAURESMO, AMELIE FRA      3031.00 15
5 HENIN-HARDENNE, JUSTINE BEL  2936.00 9 ★
6 PIERCE, MARY FRA        2788.00 12
7 WILLIAMS, VENUS USA      2628.00 12
8 SCHNYDER, PATTY SUI      2378.00 22
9 PETROVA, NADIA RUS       2259.00 20
10 DEMENTIEVA, ELENA RUS     2239.00 15

↓BBCニュース
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/tennis/4341684.stm
→エナンのダイアリ
posted by ochappa at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

カルロスのビックリ発言

来年のフェドカップ不参加表明をめぐり、コーチのカルロスが吠えた。
ベルギーでは、かなり物議を醸したようである。

その記事は、エナンのポルシェ大会初戦敗退後の10/8にOSにアップされた。


■■■

Carlos points out the issues!

08/10/2005:*

A few days ago Justine announced that she would not participate in Fed Cup for 2006. Hastily, the critics lashed out at Justine. Carlos puts things in perspective, and points out the issues

Justine won't play Fed Cup? "This is very simple", explains Carlos, "For two years, she hasn't managed to complete a full season. Now Fed Cup, this is not a week of competition, but three weeks. If a player is involved, this is for the entire year, and not for only one game; this would be un-professional. Her health, emotions, and efforts must be obliged to total concentration. She needs to regroup, to get on her feet. We must think about the long term. She has made the decision, and will resume."

■カルロスは語る。「ジュスティンがフェドカップに出ない理由は非常にシンプルだ。この2年間、彼女は一年フルに戦うこともできていない。フェドカップは1週間ではなく、3週間を要する。ほとんど1年にまたがる。アンプロフェッショナルだ。彼女の健康状態、気持ち、頑張りはすべて集中力にかかっているのだ。彼女は態勢を立て直す必要があり、地に足をつける必要がある。私たちは長いこと考えてきたが、彼女は(不参加の)決定を下した。」

At Filderstadt, Justine lost in the opener; but Fed Cup isn't the reason states Carlos."This is not because of the reasons given as refusal for Fed Cup that she lost in Filderstadt. Things are happening at the moment, and it's not revealed to everyone. She's bothered by it, and crossing a difficult moment, this unstables her confidence. But, she will make it through; herself."

■エナンはフィルダーシュタッツで初戦負けをしたが、このフェドカップ不参加問題がその理由なのではない。カルロスは語る。「Things are happening at the moment---いろいろあるんだ。みなの知らないことが。彼女は難しい時期を過ごしている、自信が不安定になっている。だが、彼女はそれを自分で切り抜けるだろう。」

Certain Belgian critics in opposition to Justine shocked Carlos, and several supporters of the player. How does a person fail to understand the choices of a player that represents his country everywhere in the world. From Melbourne to Los Angeles, while going through Paris or New York "One criticizes more harshly a girl that refuses to play a competition that she already won, than an athlete that refuses to represent his own country to the Olympic Games? Fair weather Belgians, I wonder sometimes how a Belgian divides up his values."

■ベルギーの一部はエナンのフェドカップ不参加の決定を責め、カルロスとエナンのサポーターたちを驚かせた。カルロスは語る、「すでに一度戦って勝利したフェドカップに出ないからといって責めるのか? オリンピックで国を代表して戦うことを断った選手よりも?(*キムのことだ) どういう価値観なのだろう?」
(*2001年、エナンとキムはともに出場、見事にベルギーを初優勝に導いた)

If the critics only stopped to make their point there. When Carlos learned that the captain of the Belgian team, Carl Maes, confided in the press that he had attempted to contact the Henin team about 20 times unsuccessfully, and that Justine never bothered to reply. Carlos does not accept keeping silent. "I received 1 or 2 phone calls on his part in 6 months!", explains Carlos. "Some months earlier, we at length explained ourselves on the subject of Fed Cup. I told to him that we could not participate for 2006. Carl plays the same game of Ivo Van Aken, previous Fed Cup coach; it's not on her terms. If a Fed Cup captain wants to really have Justine on the team, he should take his car, and come to see her play Filderstadt or elsewhere! Never was I asked about her health concerns or questions!".

■ベルギーのフェドカップチームのキャプテン、カール・マエスがプレスにこう言ったそうだ、「私は20回もエナンチームにコンタクトを取ろうとしたが、エナンサイドからは一度も、返事すらなかった」と。これを聞いたカルロスは黙っていない。
「彼から連絡があったのは半年に1度か2度だ!  数ヶ月前、私たち(エナンチーム)はフェドカップについて話し合い、彼に(カール・マエス?)に2006年のフェドカップには出られないと話している! 彼が本当にジュスティンに参加してほしいなら、彼は自分で彼女のプレイを見るべきじゃないか? 私は彼からジュスティンの健康状態などを聞かれたことは一度もないんだ!」

In 2003, Carlos Rodriguez already had been shocked by certain facts. Justine defended the colors of the Belgian team, in April at Bree, facing Austria "Is this normal? You tell me. The Belgium versus Austria tie organizer (NOTE: Bob Verbeeck), and the father of a player, Lei Clijsters, pressured me, and I accepted on the condition that the tie be played on the most current surface of the tour events. They said at that time it's cheaper to play the tie on hardcourt indoors!. Captain Ivo Van Aken wasn't even well informed. That tie was finally played on clay, this was the logical view for the seasonal period".

■2003年の時点ですでにカルロスは、フェドカップチームに違和感を抱いていたのである。
4月のブリーで行われた対オーストリア戦に関して。「私はその時期のサーフェス、つまりクレーコートでやるならということで参加を引き受けたのだが。しかし当初、大会オーガナイザー(Bob Verbeeckという人)とレオ・クライシュテルス(キムパパ)は、インドアハードコートでやったほうが安いと主張したんだ! それはノーマルなやり方といえるか? 最終的にはクレイでやることで落着したんだが。」

"And, this is not all", adds Carlos. "Is this normal equality that Justine received less money than Kim, while it had been authorized that they receive an identical salary? I cannot say how I gained knowledge of the proof, but it's at Roland Garros I learned that Kim had received the double of Justine".

"And, one speaks to me after that of an EQUIPE of Fed Cup! We will not return in a year of such bad ambiance, and act as if nothing ever happened. We are not hypocrites!"

■「それだけじゃない。ジュスティンは、本来同額に決められているフェドカップ参加賞金を、キムの半分しか受け取っていなかったんだ。こんなこと、証拠もなく言えません、私はローランギャロスで(2003年のでしょうね?)キムがジュスティンの倍の額を受け取っていたことを知ったんです。これがノーマルですかね?」
「こんな環境で来年、チームに戻ることはできない。我々は偽善者じゃありません、何もなかったかのように振る舞うことなどできません。」

■■■

エナンもそうだが、カルロスもハッキリ言っちゃう人である。ふたりしてブイブイ言ってる、おもろい師弟である。連絡を寄こしたのが20回だの2回だの、言ったの言わないの、賞金がどうのこうの。まだ二十歳そこそこのエナンやキムより、大人たちのほうがよほど大人げない気がする。とにかくベルギーのマスコミを喜ばせたようである。
しかし喜ばせ過ぎてしまったらしく、翌日か翌々日にこの記事はOSから削除されてしまった。代わりにアップされたのが、次の記事である。

↓10/11のOS記事
http://www.henin-hardenne.be/bin/shownews.asp?lang=en&id=2149
→つづき
posted by ochappa at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WTA2006年からのルール変更

WTAworld.comからの情報だが、WTAがいくつかルール変更を発表した模様。
「マイアミの大会の出場を義務化」「クオリティポイントの廃止」「スペシャル・インジュリー・ランキングの復活」「大会を欠場する場合、リクエストがあれば記者会見に応じなくてはいけない」など。
WTAサイトにはまだ掲載されていないので正式発表ではないのだろう。


http://www.tennis-x.com/story/2005-09-05/d.phpから

WTA Tour Board are mulling for 2006:
Play at Miami being mandatory with a "zero pointer" for eligible players who skip out,
Top 10 players not being allowed to compete in Tier IV events,
"quality points" to be eliminated in the ranking system (like the men),
"Super Hard Designation Fines" (we didn't make that up) increased from $5,000 to $10,000,
smoking to not be permitted within the lower level of seating around the courts, fine amounts proposed at 50 percent of the ATP amounts,
doubles late withdrawal fines assessed at 25 percent of the singles fine,
players can request a "Special (injury) Ranking," and
players being required to do media/public relation appearances after withdrawing from an event
posted by ochappa at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポルシェグランプリ初戦敗退

先週ネットが見られなかったため更新ができなかった。
ポルシェグランプリの前後に、フェドカップ不参加発言などを巡って、いろいろあったようだ。ポルシェ大会直前の4日、エナンはフェドカップ不参加を表明。これに対してベルギーの一部マスコミがエナン叩きをしたようだ。(これについては別に書く)

イタリアのペンネッタ相手に4−6,3−6のストレートという信じられない敗戦。第2セットは0−5までもっていかれてから2ブレイクバックで3ゲームを返したが、最後はダブルフォルトでジ・エンド。マッチポイントをダブルフォルトで落とすのは、ウインブルドン1回戦、ダリニドゥ戦と同じ。なんという負け方だろう。

OSに敗戦後のエナンのコメントがいくつか。

「ペンネッタはたしかに素晴らしいテニスをした。でも私はベストの状態ではなく、体調もよくなくて、よく動けていなかった。ベースラインから下がりすぎてしまい、走らされてしまい、こういう状態で勝つのは難しい。」
「今日はサーブが悪かった。ケガのため十分な準備ができず、よく動けていないのが理由。今は私にとってハードな時期。辛抱が必要です。」
「私は勝つことで自信を得ることができた。しかし今はメンタル的にネガティブなスパイラルにはまってしまっている。自信は、勝つことで回復できると思います。」

勝つことで自信を得、勝てないことで自信を失う。選手なら当然だろう。
ケガの状態は、もうそれほど深刻ではないはずだ。医者からはプレイを続けるよう診断されている。それが治癒に向けてプラスに働くと。しかし、USOpen以降もエナンは十分な練習ができていないわけだ。
カルロス・ロドリゲスコーチの弁から、フィジカル面だけでなく、メンタル面で何かエナンは問題を抱えているらしいことが伺える。何の問題なのか。カルロスも「彼女はそれをexpressしない」と言っている(原文は見失ってしまった)。絶対的信頼関係にあるカルロスにも打ち明けられない問題? 何が起こっているのか? 来週のチューリッヒオープンへはエントリーしている。今年最後のティア1。はたして出場できるのだろうか。

以下、OSのニュース。
→続き
posted by ochappa at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

ポルシェ大会ドロウ

エナンは第4シードで登場。
シャラポワ、ウイリアムズ姉妹がそろってケガで欠場ということで残念。その他はクズネツワとピアスが出ない。だが、それ以外のトップがそろって素晴らしいフィールドだ。
見た目はセミまで行けそうなドロウだが、エナンはUSOPEN以来の1ヶ月ぶりの試合ということで、調子はどうなのか? 
この大会は2001年、03年と決勝進出。それぞれダベンポートとキムに敗れた。高速サーフェスだけにテンポの速いどつきあいが期待されるが、さていかに。

1回戦バイなので初戦は水曜か木曜。

1 DAVENPORT Lindsay USA bye
SCHIAVONE Francesca ITA vs CHAKVETADZE Anna RUS
SAFINA Dinara RUS vs WC KLOESEL Sandra GER
QUALIFIER vs 8MYSKINA Anastasia RUS


4 HENIN-HARDENNE Justine BEL bye
PENNETTA Flavia ITA vs WC SCHRUFF Julia GER
WC SHAUGHNESSY Meghann USA vs HANTUCHOVA Daniela SVK
IVANOVIC Ana SCG vs 7 SCHNYDER Patty SUI

6 PETROVA Nadia RUS vs GROENEFELD Anna-Lena GER
LIKHOVTSEVA Elena RUS vs FARINA ELIA Silvia ITA
MEDINA GARRIGUES Anabel ESP vs JANKOVIC Jelena SCG
3 MAURESMO Amelie FRA bye

5 DEMENTIEVA Elena RUS vs QUALIFIER
DECHY Nathalie FRA vs MOLIK Alicia AUS
QUALIFIER vs QUALIFIER
2 CLIJSTERS Kim BEL bye
posted by ochappa at 00:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

ボゴモロフJrのドーピング疑惑

また出たATPのドーピング検査引っかかり事件。9月27日に出たニュース。
今度はアメリカのボゴロモフJr君。たしか女子選手のハークルロードの旦那さんである。
まだ詳しく読んでいないが、
ボゴモロフ君は喘息の治療を受けており、その薬が引っかかったようだ。しかし治療用の場合には何か免除規定があるらしい。なので出場停止期間は90日間と、カナスと比べたらずっと短い。しかし今年稼いだポイントと賞金は没収。

http://www.sportsmediainc.com/tennisweek/index.cfm?func=showarticle&newsid=13940&bannerregion=

http://www.sportsmediainc.com/tennisweek/index.cfm?func=showarticle&newsid=13963&bannerregion=
posted by ochappa at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

2006WTAスケジュール

2006年のトーナメント・スケジュールが発表された。
オーストラリアン・オープンの時期は1月中旬と例年と変わらず。

http://www.wtatour.com/global/includes/TrackIt.asp?file=/global/pdfs/events/2006/TourCalendar.pdf

posted by ochappa at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

エナン秋も出場!

OSによると、エナンは練習を再開。右脚の怪我の状態は、「休んでいても解決にはならない」という診断。そこで水曜に練習再開し、今後は年末のチャンピオンシップに向けて、ポルシェグランプリ、チューリッヒに出場する予定になった。
エナンのダイアリも更新されている。「怪我はまだちょっとうっとうしいが、テニスが出来ないほどではない」と書かれている。
「怪我が治るまでコートに戻るつもりはない」と、先のUS OPENの敗戦インタビューで言っていたエナンだが、どうやら休んでいれば治るという怪我ではないらしい。ではどういう怪我なのか? かえって気になるが、とりあえずグッドニュース!

次の出場予定は、フィルダーシュタット(ドイツ)のポルシェグランプリ。
http://192.109.12.61/porsche-tennis/en/default_flash.htm
posted by ochappa at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 2005/9〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする