2005年07月05日

ウイリアムズ姉妹のパパが

7月1日付け 

ビーナスが激戦の末シャラポアに勝った翌日。
ウイリアムズ姉妹の父、吠える。
Star-telegram というサイトのWIMBLEDON REPORTより。
情報元はAPか。

(リンク↓機能しないかも)
http://www.dfw.com/mld/dfw/sports/12032788.htm

■■■以下、かいつまみ。

ウイリアムズ・パパ、リチャードは語る。

「うちの娘たちはメディアから心ない批判で苦しまされたきた」

「シュティフィやセレスも勝ちまくっていた。
しかし黒人のふたりの娘たちが、ほかの選手をみな倒してしまったとき、
メディアは、ふたりがテニスを退屈にしたと言ったのだ」

「賭けてもいい、もしシャラポアが同じように勝ちまくっても、
あるいはリンジーが、メディアはそんなこと言わないだろう。
だれだって、そんなこと言われながらプレイしたくないよ」

■■

→原文
posted by ochappa at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005ウインブルドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

セミのニュース見出し日欧米比較

ディフェンディングチャンピオン・シャラポア
対 前2連覇チャンプ、ビーナス・ウイリアムズのセミファイナル。

雨による遅れで日本時間の7月1日未明に開始、終わったのは3時過ぎか。

ビーナスdef シャラポワ 7-6、6-1

めぼしいニュースサイトの見出しが例によっておもろい。

■朝日新聞↓ 「シャラポワ、連覇ならず ウィンブルドンテニス」
2005年07月01日09時55分
シャラポア、ビーナスの順で写真付き(大きさ同じ)
*スポーツトップページにも写真つき

http://www.asahi.com/sports/update/0701/004.html

■毎日新聞↓
「ウィンブルドン:シャラポワ、準決勝で敗退」
2005年7月1日 8時12分
シャラポア、ビーナスの順で写真つき(シャラポアの方が大)

http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/photojournal/news/20050701k0000e050007000c.html

■ヤフー(スポーツトップページに写真つき。記事は毎日新聞。)
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050701&a=20050701-00000030-mai-spo


■スポーツナビは時間差で2本↓↓
「シャラポワが準決勝敗退=ビーナス、2年ぶり決勝進出−ウィンブルドンテニス 」
[ 時事通信 2005年7月1日 12:02 ]
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/tennis/headlines/other/20050701-00000027-jij-spo.html

「14シードから優勝なるか 2年ぶり決勝戦うビーナス 」
[ 共同通信社 2005年7月1日 17:25 ]
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/tennis/headlines/other/20050701-00000028-kyodo_sp-spo.html


■アメリカのSI(スポーツイラストレイテッド)↓
「Venus In Orbit」
http://sportsillustrated.cnn.com/tennis/specials/wimbledon/2005/
ビーナスの大写真付き

■ヨーロッパのユーロスポーツ↓
Venus ends Sharapova's reign
ビーナスの写真がメイン

http://www.eurosport.com/home/pages/v4/l0/s57/e7333/
sport_lng0_spo57_evt7333_sto737045.shtml

■ご当地イギリスのBBC
Williams ends Sharapova's defence
ビーナスの写真のみ

http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/tennis/4639341.stm


フレンチでエナンがシャラポワに勝ったクオーター翌日もそうであったが、
日本の新聞の見出しは「シャラポア敗退」ばかりで
「誰に負けたのかわからない」ものだった^^

もっともマトモなのはユーロスポーツとBBC。簡潔にして全。

おもろいので例として朝日新聞の記事をコピペしておく。

→朝日新聞の記事
posted by ochappa at 20:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 2005ウインブルドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

NHK4回戦の放送カード

ウインブルドン大会7日目6月27日 男女4回戦

オーダー・オブ・プレイは以下の通り。

Day 7: Monday, 27 June

Centre Court 1.00 pm Start

1 Gentlemen's Singles - 4th Rnd.
Lleyton Hewitt (AUS)[3] vs. Taylor Dent (USA)[24]

2 Ladies' Singles - 4th Rnd.
Lindsay Davenport (USA)[1] vs Kim Clijsters (BEL)[15]

3 Gentlemen's Singles - 4th Rnd.
Roger Federer (SUI)[1] vs Juan Carlos Ferrero (ESP)[23]


Court 1 1.00 pm Start

1 Ladies' Singles - 4th Rnd.
Amelie Mauresmo (FRA)[3] vs Elena Likhovtseva (RUS)[13]

2 Ladies' Singles - 4th Rnd.
Nathalie Dechy (FRA)[16] vs. Maria Sharapova (RUS)[2]

3 Gentlemen's Singles - 4th Rnd.
Guillermo Coria (ARG)[15] vs Andy Roddick (USA)[2]


そしてNHKの放送内容は以下の通り。

27日(月) ハイビジョン21時〜 1 アメリ・モレスモ対エレナ・リホツェワ
2 ナタリー・デシイ対マリア・シャラポワ 生中継

28日(火)総合 ナタリー・デシイ対マリア・シャラポワ 録画

↓NHKのオンライン番組表
http://www.nhk.or.jp/s-live/


「ダベンポート対クライシュテルス」という大一番が放送されない。
異様な選択だ。

→続き
posted by ochappa at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005ウインブルドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

セレナまさかの3回戦敗退

6月25日大会6日目の3回戦。
第4シードにして去年の準優勝者にして今年の優勝候補の一角、セレナ・ウイリアムズが、まったく問題にならないはずのジル・クレイバス(アメリカ)にストレート負けを喫した。
2日目でのエナン初戦敗退に次ぐ大ビッグアップセット。
これにて今大会の目玉だった4回戦ウイリアムズ姉妹対決もボツに。
まれに見る大激戦区だったボトムハーフの上クオーターが一気にオープンドロウと化した。
シャラポワの決勝進出の可能性がいやが応にも高まる。

以下、セレナの試合後のインタビュー要約。

ウインブルドンオフィシャルサイトの映像は見ていないが、セレナはインタビュー中に涙を見せたらしい。それは私の知る限りでは、2003年フレンチのセミファイナル、エナンに負けた直後のインタビュー以来のことだ。

http://www.wimbledon.org/en_GB/news/interviews/2005-06-25/200506251119734092498.html

→続き
posted by ochappa at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005ウインブルドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

エナン初戦敗退〜インタビュー

エナン、まさかの初戦敗退。日本時間6月22日、午前1時過ぎのことだった。

■■■
ウインブルドン1回戦 ナンバー1コート 第2試合
エナン対E.ダリニドゥ
6-7(8-10)、6-2、5-7

試合後のインタビュー〜解釈要約〜

JHH「ここに来るのにベストな準備が出来ていないことはわかっていた。
わたしのドロウは最悪で。だから今日はポジティブに行けなかった。
私にはノーエクスキューズ。言い訳はない。
でも今日のナンバー1コートは私にとって難しかった。
ぜんぜんリズムに乗れなくて、第3セットではいくつものチャンスを逃した。
今日みたいなプレイでは勝つのは難しい。」


Q 試合中に痛みがあったのか?

JHH 「芝に来て、ケガの具合が芝のために悪くなったと思う。
芝ではしょっちゅう低い態勢を取らないといけないので。
この後数週間は、ケガのケアを第一にし、ハードコートシーズンに備えます」

Q アプローチはどうだったのか?

JHH 「頭の中はとてもクリアでした。
私の取った選択は正しかったと思う。(前哨戦イーストボーンを欠場したこと)
つまり、今いちばん大事なことは私の健康です。
1回戦で負けたとしても、その選択は正しかったと思います。
ただ、たしかにひと試合もしないでここに来るのはハードなこと。
芝に慣れるには、いくつか試合をこなす必要があります。」

Q ダブルフォールト(合計11本)は背中の痛みが関係しているのか?

JHH 「わかりません、、いえ、違うと思います。少しはあるかもしれませんが。
ただ、ケガが気になる時というのは、だいたいみんな悪くなるのは確かです。
しかし、、いえ、ケガが(敗戦)の理由だとは思いません。」

Q パリで優勝してからここへ来るのに気持ち的にはどうだったのか?

JHH 「Well とてもハードでした。でもこれがテニス、It's life.」

Q 今後のプランは?

JHH 「まだわかりません。ケガについては数日内にドクターに診てもらい、判断したいと思います」

Q 痛みを感じ始めた時、先に行けるチャンスが減ったと思ったのか、それともそれは頭から外して集中することができたのか?

JHH 「いえ。でもそれはケガだけのせいではなくて。状況についても。私は試合なしにこの大会に来て、それは私にとっては難しいことであることは分かっていました。だからはじめの数試合で調子が上がることを願っていたんですが。でも、1回戦はとてもタフな相手で、希望どおりにはいきませんでした。」

Q 途中で何かに気を取られたようだけど? タイブレーク中に。それから君はダブルフォルトをしたが、何だったのか?

JHH 「あれは、、わかりません、いろいろあったので。ただ今はそのことについて
話したくないです」



Q パリの優勝後に特別なことはあったのか?

JHH 「私は休みを取りましたが、それは短すぎました、残念ながら。
ただそれは、ここに来る前から分かっていたことだし、ハードなことでした。
でも、それについて後悔はしていません。」

Q 君は4年前にファイナルに進出した。その時と比べて今のプレイはどうか?

JHH 「4年前より、ずっといいプレイになっていると思います。
ただ状況は、まったく別ものです。あれは4年前のことですから。
しかし私は、オンコートでもオフコートでも成長しています。とてもうまくいってる。
このままポジティブに行けると思います」

Q 病気の具合はどうなのか?

JHH 「まだアップアンドダウンがあります。たぶん、以前と同じようにはリカバリーできないでしょう。でも私はそれがもうわかっているし、(病気と)うまくつきあっていかないといけませんね。

数週間内に血液検査を受けるでしょう。今すぐではないです」

Q 勝機を逃したのはどこかな? タイブレークで君は2ミニブレークしていたが?

JHH 「ええ、勝てるチャンスはたくさんあったと思います。
ファーストセット、それからサードセットでも私はブレイクしてました。
でも、うまくプレイできていても、芝ではすべてがあっという間に変わってしまう。
2つ3つまずいプレイをすると、2ゲーム3ゲーム失うことになる。
だからいつも、とても集中力が必要なんですけど、今日私はそうじゃなかった。

とても残念です。(So it's so disappointed)
でも、受け入れなければいけません。」


ウインブルドンオフィシャルサイトより。

http://championships.wimbledon.org/en_GB/news/interviews/2005-06-21/200506211119378830882.html
→原文
posted by ochappa at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005ウインブルドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

エナンがキムをタイトル候補に

前哨戦イーストボーンで優勝して乗り込んできたキム。
同大会を欠場して、体調とケガをケアしてきたであろうエナンのふたりが、
ウインブルドンの同じ練習コートで隣り合って練習したそうだ。
だからなんだという話だが、ベルギーのメディアはめざとく見つけて
「ふたりがいっしょに練習した!」とトップニュースで伝えたとか伝えないとか。

6月18日(土)付けロイターより。

エナン「キムはグラスでもとてもいいテニスができるし、
たぶん彼女の好きなサーフェスだと思うし」、
だから今大会「彼女はデンジャラスになるでしょう。
私はキムをとってもリスペクトしています。彼女は素晴らしいプレーヤー。
いつかきっとグランドスラムを取ると思います。」
と、いつもながらではあるが、当たり障りのない、ごもっともな発言をしている。


http://www.reuters.co.uk/newsArticle.jhtml?type=tennisNews&storyID=8829102

�兮海
posted by ochappa at 19:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 2005ウインブルドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

ドロウの出た日のBBC

w0000nt1.gif

BBCによると見るべき女子はこう。

http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/tennis/4545293.stm
続き
posted by ochappa at 22:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 2005ウインブルドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする