2006年09月10日

Finalインタビュー

Final Interview

短いです。

Q. Congratulations on your fourth final of the year in a Slam. What went on, do you think?
今年4つめのファイナル、おめでとう。どうだったですか。

JUSTINE HENIN HARDENNE: I think she played much better than I did tonight. She played a good match, I have to agree with that. She served much better. I gave her too much time, you know, to organize her game. I played too short. Not aggressive enough.
At this level, you don't have the choice. I mean, she proved it. She served really well. She didn't give me a lot of opportunities. We could feel a lot of difference in her return and my return.
So, yeah, I just tried to keep fighting on every point, but she was just the best tonight.
今晩は彼女の方がいいプレイをしたと思います。グットマッチでした、認めます。彼女はサーブがずっとよかったし、私は彼女にゲームを組み立てる時間を与えてしまいました。私のプレイはショートすぎて、アグレッシブではありませんでした。
このレベルでは、選択の余地はありません。つまり、彼女はそれを証明しました。サーブがとてもよかった。彼女は私にたくさんのチャンスを与えてくれなかった。彼女のリターンゲームと私のリターンゲームでは、大きな差があったはずです。1ポイントずつ、ファイトし続けようとしましたが、今晩は彼女のほうがベストでした。

Q. Obviously, you have beaten her the last four times. Was there something demonstratively improved in her game tonight?
過去4回あなたが勝っていますが、彼女のゲームのよくなったところは?

JUSTINE HENIN HARDENNE: She played very consistent. She served better than she probably did in our last meetings. She took her chances. I mean, she had very good shots. She played a lot down the line. She was in good shape tonight. It was tough for me.
とても安定していました。サーブが前に対戦したときよりもよくなっています。彼女はチャンスをつかみました。つまり、いいショットを持っています。ダウンザラインにたくさん打ってきました。今夜は彼女はグッドシェイプで、私にとってはタフでした。

Q. Many players say that it's almost easier or it's less disappointing to lose a match like this one where you were simply outplayed than a very difficult three set match. Is that true?
大変な3セッターより、単にうち負かされた敗戦のほうが落胆も少ないと言われますが、どうでしょう。

JUSTINE HENIN HARDENNE: I don't know. It's tough to say. I think the second place is always the most difficult one. Yeah, you always disappointed to lose any way. I mean, it's not a nice feeling, but I will have time to think about that.
And I had a good couple of weeks. Unfortunately, that ends a way I don't like that much, but it doesn't depend only of me; it depends also of opponent. She's been really strong today, and I just have to accept that.
さぁ、答えるのは難しいですね。2番目というのは、なんでもいちばん難しいです。いつだって負けるのはガッカリですしね。つまり、いい気分ではないですよね、この負けについてはあとで考えます。
そして、いい数週間でした。残念ながら、好きな形では終わらなかったですけど。でもこれは私だけの問題じゃなくて、相手もあってのことですから。彼女は本当に今日は強かったです、認めざるを得ませんね。

Q. Great year for you, though. I know you must be disappointed now. But talk about reaching four finals in one year.
ガッカリでしょうけれど、1年で4回のファイナルですよ。

JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah, it's been great season for me. It's not over yet. I could not have expected these results. I've been pretty consistent during the whole year. The thing is that I'm still healthy, pretty healthy right now, and I hope I can play a few more tournaments and then the championship. That remains one of the goal of the season. I didn't play the championships in the last two years, so that's great. I'm qualified, and I hope I can play good tennis over there.
Yeah, I was saying 2006 would be a year of transition. It's the first year since 2003 I can play a whole season. At the end of the season, I can make conclusions and see how I'm gonna what my plans are gonna be for next year.
ええ、素晴らしいシーズンでした、まだ終わっていませんけど。予想以上の結果でした。一年通じてとても安定していました。私はいまも健康ですし、とても健康です今は、だからあと数大会に出て、それからチャンピオンシップですね。今年残された最後のゴールです。この2年間チャンピオンシップに出場できませんでしたから嬉しいです。出場資格がもうありますし、いいプレイができるよう願っています。
2006年は移行期間だと言ってきました。2003年以来初めてシーズン通してプレイができました。シーズン末に、総括をして、来年に備えてプランを立てたいと思います。

Q. I know you were struggling with your back in the semifinal. Did that bother you at all?
背中の影響は?

JUSTINE HENIN HARDENNE: No, no, no. Was feeling better today. No excuses about anything.
いえいえぜんぜん。今日はよかったです。それについてのエクスキューズはありません。

Q. Maria has developed quite a complex ritual at the service line, some of us were noting it today. It's slower than most players. Is that difficult to wait out?
マリアはサービスラインのところでいろいろ儀式っぽいことをやりますが、
待つのがむずかしくないですか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: No, I don't think so. I think we both had very attitude on the court, and didn't notice at the beginning it was pretty long, but she has the right to take her time. I think that she did it the good way. So I don't have to complain about that.
いいえ、そうは思いません。私たちはふたりともいいマナーだったと思います。はじめは特に長いとも気がつきませんでしたし、彼女は時間を取る権利はありますし。彼女は上手にやっていたと思います。何も文句言うことはありませんね。

Q. You said that Maria played more consistent, she took more chances in this match versus the previous four matches which you had won. What was different in your game today versus those last four matches?
マリアは安定しいて、前の対戦よりもチャンスを上手につかんだと話しましたが、今日の試合は前と何が違ったのですか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah, I couldn't play that long today. I couldn't play that aggressive. She had a lot of time, and she was going for the winners. She did come to the net. I didn't. Sometimes it's like this. Even if you know you have to do it, it's not easy to do it in every match.
So she's been brave tonight, and more than me. That made a big difference.
ええと、私は長いプレイができませんでした。あまりアグレッシブでもなかった、彼女は時間を十分にもって、ウイナーを取ってきました。ネットにも来ましたし、私は行かなかった。時としてそんな具合で。自分がすべきことがわかっていたとしても、毎試合それをするのは簡単じゃありません。彼女は今晩、勇気があった、私よりも。これが大きな違いです。

FastScripts by ASAP Sports..

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

So she's been brave tonight, and more than me. That made a big difference.

……ここにすべてが集約されていますね。エナンは今日、メンタルでも負けたのです。というかメンタルで負けました。

ビデオでは、エナンは今日は髪を下ろして登場。あれはシャワーの直後ですね、髪を途中でバサバサしてましたから。ちゃんと乾かしてから来ればいいのに^^ と思います。ひと泣きした後のような、ごっそり何かが抜け落ちたような顔をしています。必見。


posted by ochappa at 14:59| Comment(38) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エナン完敗

ファイナルは46、46の完敗でした。45分ずつのきっちり90分の試合でした。

Final stats

サーブ、ストローク、組み立て、すべての面でシャラポアが勝っていたと思います。特にサーブ、シャラポアは72%入れてきました。
エナンのレベルは、ほとんどセミと同じで、スピードもキレも生彩を欠き、ベースラインから下がりすぎ、思い切ったアグレッシブなプレイを組み立てることができなかった。スーパーなポイントもなかったし。サーブは心配したほど悪くなかったとはいえ、良くもなかった。リターンの読みもいまいち。というわけで勝てる要素がなく、残る希望は勝負強さだけ、というのは、あまりにはかない希望をもっての観戦でした。
そして今日、私はエナンの表情に、そうした何がなんでものガッツも見られなかったと思います。ひとことで言うと沈んでいた。それでもなんとか自分を鼓舞してファイトしようとがんばった、そんな印象を受けました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜■〜〜〜〜

ウインブルドンでベテラン域のモレスモに負け、今回、次世代ナンバー1筆頭のシャラポアに負けたエナン。違うプレイスタイルに負けたわけだ。でもこの2つの敗因は案外、似ていると思う。スタミナとサーブ。体調がいまいちなこと、そして相手のサーブがよくてエナンのはよくなかった。今日も、圧倒的にシャラポアのサービスがよかったことが大きな敗因だと思う。

エナンがナンバー1だったとき、サーブはひとつの武器だった。確率はともかく安定感、セカンドサーブでのポイント率が高かった。あの身長のエナンがサーブを武器とする自体、かなり驚きのアイデアなのだが、今夏、フォームに改良を加えてきたのも、サーブの安定性を課題にしてのことだと思う。
ビッグサーブがなくても、フィットネスが100%であれば、エナンは勝てる。しかし2週間に及ぶグランドスラムの最終日に、万全なフィットネスなど期待できない。だからエナンはサーブをなんとかしないといけない。そして、少なくとも疲労以外の体調不良を起こさないようにしないといけない。

…… オーストラリアは例外中の例外として、ウインブルドン、USオープンと、いずれも最後まで持たなかったような、、、。あのフラジールな身体は、この先どうなるんでしょう。心配すぎます。

4つのグランドスラム決勝進出というのは7人目だそうですが、そんなことより準優勝3つというほうが、よほど悔しいです。
決勝で勝てなくなったエナン。そもそも決勝に来すぎなんです。おかげで今年は、毎回最終日までワクワクでき、そして3度も、どおっと悔しい思いをすることになりました。この勝てない時期を乗り越え、また強くなっていくことを願います。
あー、それにしても今回は2回戦以外、ぜんぶ見られて楽しかった!


posted by ochappa at 12:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

SF背中が痛い!

■Nothing to lose.

SFinterview

Q. At 4 2 in the second set, did you raise your game or did she self destruct or perhaps a little of both?
セカンドセット4−2で、あなたがゲームレベルを上げたのか、それとも彼女が勝手に崩れたのか、それとも両方?

JUSTINE HENIN HARDENNE: A little of both, I think. I was pretty nervous the beginning of the match. I wasn't in the good rhythm. She was playing terrific at that time. She was just on fire. She played an unbelievable tournament.
I knew it was going to be a tough match, but I was too far from my baseline. Yeah, I wasn't playing very well at that time. Then, yeah, nothing to lose. I saved some points to go to 5 2, and then some points to go to 5 3, 5 4. So it's been important points.
Then I felt much better after this. I was feeling free. I was playing my game. In the third set, I played really well.
So, yeah, it's been I came back a little bit from nowhere, but it's the kind of match that I probably would have lost in the past. I'm very happy to be in my fourth Grand Slam final this year.
両方だと思います。試合の始めとてもナーバスでした。いいリズムに乗れなくて。彼女はとんでもなくいいプレイをしてました、オン・ファイアでした。彼女は信じられないようなトーナメントを戦ってきましたからね。
タフな試合になるとは思っていましたが、私はベースラインから離れすぎました。ええ、いいプレイじゃなかったです。それから、まあ、ナッシング・トゥ・ルーズでした。52になるポイントをセーブしたんです。それから53,54になるいくつかのポイントがあって。とても重要なポイントでした。サードセットはいいプレイが出来ました。私はどんなところからでもカムバックしてきましたけど、でもこういう試合、以前だったら負けていたと思います。今年4つめのグランドスラムのファイナルに来られて、とてもうれしい。

Q. Did you have any injuries in your back?
背中を怪我しているのですか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah, it's been pretty painful last few days. Couldn't serve a lot during my practice. Something pretty painful.
So, yeah, I just have to keep fighting. It's not easy to play with the pain. But then I was a bit tired also at the end of the second set. Then couldn't think any more about this injury and just play and let's try what you have to do. It worked pretty well.
But I think every athlete has to deal with a little bit of pain at the end of a Grand Slam. It's tough, but I have to deal with it.
ええ、ここ何日かとても痛いです。練習中あまりサーブができません。何かがとても痛いんです。
だから、私はファイトしつづけるだけなんですが、こういう痛みがあると、それも簡単じゃありません。それにセカンドセットの終わりには疲労もありました。それから怪我のことを考えるのはやめて、ただプレイするようにしたんです。ただすべきことにトライしました。それがとてもうまくいきましたね。ただ私は思うに、どんなアスリートもグランドスラムの最後には何かしら痛みを抱えているものです。タフですけど、どうにかしないといけないことです。

Q. Were those double faults mental or physical?
あのダブルフォルトはメンタル? フィジカル?

JUSTINE HENIN HARDENNE: Probably a little bit of both. But, no, I wouldn't find any excuse for that. I think I was very nervous beginning of the match. I wasn't in a good rhythm. In the third set I served much better, not as many double faults as I did in the first two sets.
So it's great to win a match when you know that you're not at your best level. That's what I did today against someone who played very good tennis. I had some opportunities, but I couldn't take them in the first set and also beginning of the second.
Then third set finally we found again the same Justine as we had on the court in the last few days, and I'm very happy about that.
たぶん、両方です。でも、いえ、あれエクスキューズしようがありません。試合の始め、とてもナーバスだったと思います。リズムが悪くて。サードセット、サーブがずっとよくなりました。ダブルフォルトも減って。
だから、自分がベストレベルじゃないと分かっていたので、素晴らしい勝利です。とてもいいテニスをする相手に対してやるべきことをやりました。ファーストとセカンドの始め、私は何度もチャンスがあったのに、それを生かすことができませんでした。それでサードセットに入ってやっと、いつものジュスティーンを見ることができました。私はそれがとてもうれしいです。

Q. Did you get the sense that her level dropped after that seventh game of the second set?
彼女のレベルがセカンドの第7ゲームから落ちたと感じましたか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: I think I did push her to play a little bit not as good as she did in the first set. She played unbelievable, but I gave her a lot of time to play. My balls weren't very deep at that time. I was playing too short. I couldn't go to the net. So she had a lot of opportunities to take her chances, and that's what she did perfectly.
So she played really well, and then I push her a little bit more. That changed, totally changed the match.
私はファースセット、うまく彼女をプッシュすることができなかった。彼女はアンビリーバボーでしたから。でも私は、彼女にプレイする時間を多く与えました。私のボールはあの時点であまり深くなかったし、短いラリーになっていました。私はネットに行くことが出来ませんでした。そして彼女はたくさんチャンスがあって、それを完璧につかみました。だから、彼女はとてもよかったんです。それから私はもう少し彼女をプッシュしました。あれは変えましたね、試合を完全に変えました。

Q. Can you say how much she's improved since you played her once before?
以前、対戦したときと比べて彼女はどれぐらい成長していますか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: It's been already a tough match. She's the kind of player who, when she's in confidence, can play great tennis. She's an excellent tennis player. Now you need to do it, you know, tournament after tournament, and find some consistency. She had unbelievable tournament. She beat Vaidisova, Kuznetsova, Dementieva. You have to play well to beat these kind of players. She did improve a lot and she was in confidence this week.
So we've seen the future. She's very talented, we can see it. So she doesn't give a lot of points. In the first set, she didn't give a lot of points.
すでにタフマッチでした。そういうタイプの、自信を持つと素晴らしいテニスをする選手です。

Q. In regards to Martina Navratilova and her retiring, what would you say her legacy is and what has she meant to the sport and women's tennis? Has she had any personal influence on you?
マルチナ・ナブラチロワの引退について。

JUSTINE HENIN HARDENNE: I think that, yeah, I was very young when she was at her best level. But what she did for the game is unbelievable. She has a lot of records. She's still a great professional. So it's pretty amazing, I mean, how many titles she get. No one will do it again anymore in the future.
She did a lot for women's tennis. She keeps fighting. It's sad for everyone to see her going away now, but it's probably time for her to do something else.
ええ、彼女の最盛期、私はとても小さかったんです。
でも彼女がゲームに対してしたことはアンビリーバボーなこと。彼女はさくさんの記録を立て、今でも素晴らしいプロフェッショナルです。驚くべきことですよ、彼女のタイトルの数といったら。将来、誰にもできないことでしょう。彼女は女子テニスにたくさんのことを成し遂げました。彼女はファイトし続けています。彼女が去るのは寂しいことです。でもたぶん、他のことを始める時なのでしょう

Q. In the finals, if you're facing Sharapova, what can we expect?
ファイナルではシャラポアと当たったら、どうなりますか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: Well, she didn't win yet. We'll see what's gonna happen. But both situations is going to be a tough match. I'm happy it's going to be tomorrow night. It gives me more time to recover. Sharapova, she's still looking for her second Grand Slam title. She will have a lot of motivation.
Mauresmo, she took a lot of confidence, a lot of experience, and she's a much better player now than she was a year ago. It's gonna be a tough one, and I will have to play my best tennis if I want to win this title.
え、まだ彼女、勝っていないでしょう。ただどちらが来ても、タフな試合になりますね。明日の夜なので、よかったです。リカバリーする時間ができますから。シャラポアは2つめのグランドスラムのタイトルを狙っていますね、モチベーションが高いと思います。モレスモーは、彼女は自信もあるし、経験も豊富で、それに一年前よりずっといいプレーヤーになりましたね。勝つためには、私は自分のベストテニスしなくてはいけませんね。

Q. How is your back feeling going into tomorrow?
明日までに背中はどうなりますか。

JUSTINE HENIN HARDENNE: Well, I have no choice. It has to get better till tomorrow. So we'll see. I'm sure it's gonna be fine.
まあ、どうしようもないですね。明日までによくしないと。どうなるでしょうね、きっとよくなっているでしょう。

THE MODERATOR: Justine, by getting to the US Open final, joins a list of just seven women in professional tennis history to get to all four Grand Slam finals in one year. The others are Graf, Seles, Hingis, Navratilova, Court and Evert. A very select list.
あなたは年間4つのグランドスラムすべてのファイナル進出となりましたが、これを過去したのは女子では7人しかいません。グラフ、セレス、ヒンギス、ナブラチロワ、コート、エバート。

JUSTINE HENIN HARDENNE: Not bad (smiling).
いいですね。(スマイル)

Q. How does that feel?
どんな気持ち?

JUSTINE HENIN HARDENNE: It's a great feeling. It's an amazing season for me. It's almost a dream this year. I wish I would have more than a Grand Slam title now, but in 2006. It's been unbelievable. I think that. I've been very consistent. I played well during the whole season. I've been healthy. And being with all these names, it's just unbelievable.
I always remember, as a little girl, dreams of becoming a professional tennis player, and now here I am. I enjoy to be on the tour and to do what I love so much. It's a great feeling.
素晴らしいです。私にとってアメイジングなシーズンです。ほとんど今年の夢に近いです。私はグランドスラムのタイトルがまた取れるかもしれない、アンビリーバボーです。私はとても安定して、シーズン全体でいいプレイをしていると思います。とてもヘルシーですし。それにそうした人たちの名前と並ぶなんて、もうただアンビリーバボーですね。
思い出します、子供のころ、プロのテニスプレーヤーになることを夢に見てました。今、そうなっています。私はツアーにいること、大好きなことを出来ることを楽しんでいます。素晴らしい気分ですね。

FastScripts by ASAP Sports...

■Acting like she had pain

負けたヤンッコビッチの方がはるかに長いインタビューなのですが、これがまたすごい。「彼女、背中が痛いみたいな芝居をするのよ」。
まあ、負け惜しみは最大の賛辞なわけですが、それにしてもずいぶん長々と言い訳してます。
Q. Near the end of the second set, she began to take a lot of time between points, bending over a bit. Did you sense she was getting tired?
JELENA JANKOVIC: I don't know what she was doing, but she was acting like she had pain in her back, and she was, like, trying to get start me thinking or something, you know. Because I was looking at her, and she was, Oh, I have pain in my back, or whatever she was doing, I don't know. That's the time when she was losing.
Then when she was winning. All of a sudden she's hitting the biggest serves ever and all that. I'm like, Now your back doesn't hurt? Actually, I was the one who couldn't even tie my shoes the other day, two days ago. I was the one who was...
No comment (laughing).

やはり鍵はセカンド42、主審に文句を言ったポイントだと言ってますね。あれで集中力が切れたんだそうです。それから風が私の悪い方に吹いてきたとか、あんなに背中を痛そうにしていたのにサードセットに入ったら突然すごいサーブ打ってくるし、とか、私だって別の日だけど靴ひも結ぶのも大変なくらい背中が痛かったのにー、とか^^おもろい人ですね、この人は。
「じゃ、Justineはフェイクしたと思うの?」と聞かれて「わからないけど、私は集中が切れちゃってぇー」といった感じ。以前ミスキナにも言われてたと思いますが、たしかに変わってますわ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

相手はシャラポア。モレスモーにベーグル2つをかませて見事に勝ち上がってきましたね。私もシャラポア希望だったので嬉しいです。
明日は、エナンの背中の具合次第ですね。エナンも「どうもこうもどうにかするしかないでしょうよ」って感じですね。がたがた騒いでも仕方ないって。
第2セット追い込まれてから、怪我のことは忘れて、とにかく全力でやろうと割り切ってからプレイがよくなったと言ってましたから、背中の影響はフィジカルとメンタル両方に大きくかかっているんでしょう。
あと1試合。も、なんでもよいです。静かに見守ることにします。



posted by ochappa at 16:01| Comment(11) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SF46,64,60!!!

セミファイナル、ヤンコビッチ戦。セカンド24からの逆転だった。
アーサーアッシュスタジアム第2試合。日本時間午前2時半開始。

大変な試合だった。
ダブルフォルト12本!
明らかにエナンは背中を痛がっていた。しかしトレーナーを呼ばなかった。
第2セット、24、たしかヤンコビッチにゲームポイントがあった。何度のデュースがあっただろう。エナンはブレイク。けっきょくそれから10ゲーム、連取した。

ファーストセット、ブレイクしてスタートしたのに、自分のサーブでいきなり2連続のダブり。いやあな予感がしたら、その後ダブり量産。まったく調子に乗れず、逆にヤンコビッチがゾーンに入ってしまった。
セカンド、第7ゲーム、ヤンコビッチはジュースからのサーブの判定にクレームをつけた。なにやら主審とやり合い、それから何かが乱れたようにゲームを落とした。あれが25となっていたら。

今日は負けると思いました。エナンの動きがまずい。サーブがまずすぎる!ヤンコビッチのプレイが素晴らしく、伸び伸びしている上に際どいところにじゃんじゃん入る。そしてエナンのファーストが今大会初めて調子悪く、セカンドが最悪! 第2セットに入ってもダブりが止まない。サーブを打った後、背中を気にしていたし、ポイント間に軽くストレッチをしていた。ポイント間にシンドそうに歩いていたではないか。それなのにトレーナーを呼ばない。どういう状態なのだろうか。

ヤンコビッチはニコニコ、大きなアクションで、スタンドを見事に味方につけた。エナンのポイントに対する拍手の少ないこと。それでもエナンはひたすら我慢して、ひたすらファイトして、ダブリしまくってもサーブをガンガン打ち続け、強引なネットにも出て行った。
素晴らしかったです。ファイナルセットは、第3ゲームを取られたところでヤンコビッチが切れてしまった。明らかに単調になり、立ち上がりの楽しげな雰囲気が消えていきました。

2時間1分。エナンの真骨頂が見られた素晴らしい試合でした。
ナイスウイン、エナン!
posted by ochappa at 05:05| Comment(10) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

QFインタビュー

今朝になってアップされているのを発見。
(すでに前の記事のコメントのところにポストされてますが、素早いポスト、ありがとう!)

QFのメディカルタイムアウトの理由はrib、肋骨ですか。背中側の肋骨ですね。オーストラリアで胃を痛めたあと、肋骨の調子が悪かったといっています。*胃の調子も完全回復したわけではなく、今日は胃がとても痛かったとも言っています。(ヤフーニュース情報は当たり。)*
胃に違和感が長いこと続いたことで、肋骨に影響が出てきたのでしょうか。(少なくとも転んで肋骨にヒビ入れちゃった、てな話ではないですね)
うーん。してもしょうがないのですが、心配です。

ヤンコビッチの背中情報ですが、いろいろ錯綜してきて面白くなってきましたね。


*訂正*とても痛かったのは胃ではなく肋骨。
インタビューを斜め読みした上に、他の記事から先入観もあって間違えました。よく読んだら、この文脈ですと、It's been pretty painful todayは肋骨ですね。ヤフーニュース、やはり間違い。

QFinterview

→インタビュー
posted by ochappa at 14:05| Comment(9) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダベンポートインタビュー

クオーターのエナンのインタビューはアップされていません。

ダベンポートQFインタビュー

来年またここに戻るかどうかは、ノーアイデアだと言っています。12ヶ月も先のことはわからないわよ、と。

USOPENのOSでは、これがダベンポート最後のステージか、といった記事を載せています。昨日のQF前にも、「リンジーは誰にも知られず去ろうとしている」というような記事を載せていて、なんじゃこれはと思いました。
Lindsay's Last Stand? Henin-Hardenne's Hurrah
by Aimee Berg Wednesday, September 6, 2006

昨日のセットマッチのあと、ネット越しにエナンとダベンポートは頬キスを交わしていましたが、あんなことするのは初めてではないでしょうか? そしてダベは、ベンチの前でスタンドに軽く手をヒラヒラと振ってからコートを後にしたのですが、ああいうアピールも私は初めて見ました。彼女の中には、これが最後かもしれないという思いが、少しでもあったのではないか、そう思えてなりません。そしてもし、今年が最後になってしまうとしたら、その最後の相手がエナンであったことに、何かセンチメンタルなものを感じてしまいます。

「私の考えでは、ジュスティーンが世界ナンバー1よ」
ダベはそう言っています。モレスモーには11連勝中、先日も破っているのですから、わかりますね。でも、ダベンポートにそんなふうに言われるのは、かつての天敵だっただけに嬉しい。そして「誰が優勝すると思いますか?」と聞かれて、エナンを挙げました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

USOPENのOSにあるエナンのコメントはこれだけ。
"Lindsay played an unbelievable level," Henin said. "I had to raise my level and be at my top to win today. I knew I could lose if I was just a little bit under this level. It's been a very good test for me. Now, for the future in the tournament, I'm gonna have a tough semifinal, even if it looks maybe easy on the paper when you look at the rankings. On the court, it's a totally different story. Jankovic is playing great tennis this week."
「リンジーは信じられないレベルでプレイした。私はトップレベルに上げないと勝てなかった。少しでもこのレベル以下だったら負けたかもしれない。とてもいいテストでした。セミファイナルは、ペーパー上ではランキング的にイージーに見えるかもしれませんが、コートに出たら別の話。ヤンコビッチは今週素晴らしいプレイをしています」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

セミにヤンコビッチが来るとは思っていませんでした。クズかデメ、いずれにしても強敵だなと思っていたのに、その二人を破ってくるなんて。デメ戦ではハードヒットしまくっていましたが、やはり意外というか。
ヤンコビッチとは一度、去年のチャールストンで対戦していますね。エナンが復帰間もない頃に。3セッターでした。
エナンの背中が心配です。というより体調全部が心配です。
昨日の試合を見直したら、ファーストセットで1度、エナンは背中に手をやっているんですね。さりげなーく。セカンドでは、はじめちょっと気にしていたみたいですが、その後はなかったですね。エナンはよほどのことでない限り、痛いのを表に出さないんですね。そこがまたプロらしくてかっこいいです。
posted by ochappa at 01:17| Comment(11) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

QF64,64

アーサーアッシュ・スタジアム第2試合。
エナン対ダベンポート戦。64,64。
セカンドは44からブレイク54,キープして勝った。素晴らしい試合でした。ブレイクされて13となったセカンドセット。しかしすぐにブレイクバックして33とした。
ファーストの確率、71%、64%。これはダベンポートとまったく同じだ。ダブり1本(ファーストセット)、エラーもセカンドは6/4本と抑えまくった。素晴らしい。本当に素晴らしい試合だった。

しかしファーストセットが終わった後、エナンが取ったメディカルタイムアウト。背中に何があったのか? トレーナーに背中をよじられて、少し痛そうな顔をしていた。セカンドの始め、ちょっとエラーが増えて、影響を感じさせたが、どうなのだ? 素晴らしい試合だったが、心配のタネは尽きないエナン。ナイスウインでした。
posted by ochappa at 05:22| Comment(11) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

4Rinterview

4Rinterview

Justine�Henin-Hardenne
Monday September 4 2006
��
Q. You've had a relatively easy time of it so far, just dropping one set. In the next round, you have Lindsay or Am四ie.
ここまで1セットしか落としていない、比較的いいですよね。次はリンジーかアメリーですね。

JUSTINE HENIN HARDENNE: Am四ie, oh, I didn't know that. Lindsay or Schnyder, Patty Schnyder.
アメリー、oh それは知らなかったわ。リンジーかシュニーダーでしょう。

Q. I'm sorry. It was a late night last night.
すみません、昨日の夜遅くて。

JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah.

Q. Do you feel warmed up enough now?
JUSTINE HENIN HARDENNE: Well, we'll see, you know. I just happy with first four matches. I had a little bit of trouble against Sugiyama, but she played well. I showed very good things on the court.
Today I've been pretty aggressive. Very focused. Had a couple of good matches in New Haven, so I have enough matches to play at this level. But tomorrow is gonna be another day, and I don't know what's gonna happen. I cannot complain about the way things happen in the last few days.

Q. What's your level today? You looked pretty dominating out there, controlling Shahar. She's a dangerous opponent.
今日のレベルはどうでしたか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah, I walked on the court thinking that it could be a dangerous match because she's a young player and she has a lot of motivation. She's fighting a lot. So I knew it could be a tough match. That's probably why I won it pretty easily, because I was ready for it.
So, no, I had a lot of determination, been very focused. Went to the net a lot. Did a couple of serve and volleys. Played an aggressive game. So very happy about what happened on the court.

今日はデンジャラスな試合になるかもしれないと、考えながらコートに入りました。彼女は若いし、モチベーションが高い。とてもファイトしてくる。だからタフな試合になるかもしれないと思いました。だからこそ、これほど簡単に勝てたんです、準備ができていたということです。
もちろん私も気合いをかなり入れて、とても集中してましたよ。ネットに出るときも。何度かサーブ&ボレーもしました。アグレッシブにプレイしたんです。

Q. So you felt as good as you looked?
じゃあ、見た目どおりにいい感じでしたか?
JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah (smiling).
ええ(スマイル)

Q. Can you talk about coming to net more and playing more serve and volleying.
ネットに出てサーブ&ボレーを多くしていることについて。

JUSTINE HENIN HARDENNE: That's the kind of game I played a lot in the last few tournaments. We worked a lot on it with my coach. It's gonna be the kind of game I will have to play in the next few years if I want to stay on the tour, yeah, couple of more years, because I'm not as tall, I'm not as strong as the other players. I save some energy to play like this. I have a good success when I play like that. So it's important.
ここ最近の大会で大いにやっていることです。コーチとたくさん練習しています。
これから私がツアーにいるためには、あと数年もですね、今後、私が取り入れていかなくてはいけないゲームなんです。私は背が高くないし、他の選手ほど強くないので、エネルギーをセーブする必要があります。このプレイは、ここまでうまくいっていますが、とても大事なことです。

Q. Is it difficult sometimes mentally because your strokes are so beautiful, they're so successful, you really have the weapons to sit on the baseline with anybody, and yet you know long term, as the years accumulate, the shorter the points, the better?
あなたはベースラインからの打ち合いでも、だれにでも勝てるでしょう。それでもポイントを短くしたほうがベターなのですか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: I never beat the powerful players on my baseline. I think I have to take my opportunities on the court and move forward and take my chances. When I did beat Kuznetsova this year at the French Open, it was one break in the second set, because three return and volleys. It's high, it did make the difference. So I need to keep working like this.
私はベースラインにいるだけでは、決してパワープレーヤーには勝てません。私は前に出てチャンスをつかまいといけないんです。今年のフレンチオープンでクズネツォワに勝ったときも、セカンドセットは1ブレイクでした。3本のリターンとボレーです。それが違いを生むんです。だから私はもっとこれを練習する必要があるんです。

Q. A lot of people say that a Grand Slam begins in the quarterfinals. Do you subscribe to that theory, that at this point you have to make some mental adjustments for these final matches?
JUSTINE HENIN HARDENNE: You know, I played four matches already. I think it's too easy to say that it starts in the quarterfinal. It probably becomes at another level, but you have to work hard to win your first four matches. Even if it looks easy, you need to be very focused, and that's not easy every day.
A Grand Slam is pretty long. It becomes harder when you arrive in the quarterfinal because everyone is playing very good tennis, and everyone has a chance to go to the end. I will just try to go step by step, no matter who's in front of me tomorrow. I will just try to play my game and try to win this one, for sure.

Q. Do you make any mental adjustments, though, going into the latter rounds of the tournament?
JUSTINE HENIN HARDENNE: No, I think my goal remains the same thing. First round or quarter, I mean, I want to win it. The first round is probably harder for me because it's more pressure, you don't know really what to expect. But it's the same approach, you go on the court and just try to do what you have to do.

Q. Are you expecting to be the night match tomorrow?
JUSTINE HENIN HARDENNE: Oh, I don't know. We'll see. Probably.

Q. They didn't come to you at all?
JUSTINE HENIN HARDENNE: No.

Q. Do you take any pride in you could be the first woman since Serena to be in four Grand Slam finals in a row Serena and Venus.
(もしファイナルに来たら)2002年のセレナとビーナス以来の4グランドスラムのファイナリストになるかもしれませんね。

JUSTINE HENIN HARDENNE: Too early to talk about that.
その話はまだ早いです。

Q. Does it mean anything to you?
意味ありますか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: Right now it doesn't mean anything because it's too early to talk about that.
今のところないですね、だってその話はまだ早いですよ。

FastScripts by ASAP Sports...

posted by ochappa at 23:07| Comment(15) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4R61、60

快晴のアーサーアッシュ・スタジアム第1試合。
電光石火のようなエナンの4回戦、イスラエルのペール戦は50分で終わった。ファーストセット、サーブが素晴らしく入った。なんと80%。こんな数字、見たことない。しかしセカンドは46%といつも通りに。それにしてもセカンドも、ビックリするようなサーブが多かった。今大会ずっとそうだと思うのだが、セカンドサーブでも甘いところに打たない。それでダブりが減っていくのなら、すごいことだ。リターンは途中から叩けるものはすべて叩いていた。ちょっと強引なネット取りも見られ、ほとんど練習試合状態に。
3回戦で苦戦したせいもあるのだろうか、今日のエナンはずっと集中力を切らさずにいたように見える。セカンドウイークに入って、気持ちを高めてきているのではないだろうか。
今日の試合をすべて消化すれば、スケジュールは当初の予定に戻るそうだ。つまり、明日はもうクオーターファイナル。相手はまだわからないが、ダベンポート、来るべし。ダベも3回戦のスレボトニク戦、マッチポイントを取られるという大苦戦を制してきた。クオーターで激突、してほしい。

エナンのゲームがあまりに早く終わったので、今ワウワウではデメ対レザイの試合を放送している。今、デメが勝った。


posted by ochappa at 01:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

3Rインタビュー

3Rinterview


JUSTINE HENIN HARDENNE

THE MODERATOR: Questions for Justine in English, please.

Q. The forehand saved you a few times there.
フォアハンドで助かりましたね。
JUSTINE HENIN HARDENNE: I'm sorry?
すみません?

Q. Your forehand really saved you. Looked like you couldn't get your backhand going.
フォアハンドで助かりましたよね。バックハンドではあまり取れなかったようですけど。

JUSTINE HENIN HARDENNE: I'm not quite sure it's about a forehand or a backhand. But I was leading pretty easily in the first set. I didn't have the feeling that I was moving well at the time, and I lost a little bit my intensity. The conditions were pretty difficult.
Yeah, when I lost the first set, I understood I had no more choice than winning the next two, and so be very focused on every point. Then I played a very, very solid tennis at that time.
So I had to be patient but aggressive at the same time. With the wind today, it wasn't easy. But that asked me a lot of efforts to do that. I'm happy with the level I had in the second and in the third.
But these kind of things, in the first set, the fact that she came back, I just have to avoid that in the future.
フォアハンドだったかバックハンドだったか、よくわからないわ(スマイル)。でもファーストセットの始めはとても簡単にリードしていました。でもあまりよく動けている感じがしなくて、少し強さ/真剣み(intensity)を
欠いていました。コンディションは難しかった。それでまあファーストセットを失って、もうあと2セット取るしかないとわかって、すべてのポイントに集中しました。辛抱強くなければならなかったし、同時にアグレッシブでなければなりませんでした。あの風の中では易しくはありません。
でもとても努力しました。セカンドとサードセットでああいうレベルのプレイができてハッピーです。ただファーストセット、彼女に追いつかれたこと、これはこの先は避けなければならないことですね。

Q. Did you not get the feeling she was really trying to hit to your forehand?
彼女が本当に、あなたのフォアハンドにトライしているように感じませんでしたか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: No, I think that I was maybe playing too much in her backhand. She has great backhand. Maybe at that time tactically I was playing too much on that side. She loves to go down the line with her forehand. That's her best shot. So she kept fighting. She's been pretty solid. That's why she came back also in the match.
So, yeah, after that I lost the first set, I had to play very well after that.
いえ、私はたぶん、彼女のバックハンドとやりすぎたと思います。彼女は素晴らしいバックハンドを持っているし、たぶんあの時は、技術的なことで、私はバックサイドにプレイしすぎていました。彼女はフォアハンドでダウンザラインに行くのが好きですし、彼女のベストショットです。それに彼女はファイトし続けました。彼女はとてもソリッドでした。だからカムバックできたんです。というわけなんで、ファーストセットを取られた後、私はもっといいプレイをしなくてはならなかったわけです。

Q. How would you assess your level right now? How do you think you're doing?
今のところあなたのレベルはどれぐらいですか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: Well, it's always very hard because we'll see in the next round. Now it's getting very serious. The opponents are going to play better and better. It's very hard. Things can change in a day or two in one sense or in the other. It's pretty tough.
But, no, when I play my game, I do it well. The fact is that I just have to keep fighting on every point. Today was a little bit harder for me than in the other matches, and I really had to work hard.
いつも大変です、次のラウンドは。どんどんシリアスになります。

今日は私にとって、ちょっとハードでした、私は本当にハードワークしなくてはなりませんでしたから。

Q. Do you still have lingering effects of the virus? When you take time off, a block of time as you did the past few weeks before New Haven, is part of that to just get straight back?
ニューヘブン前に休暇を取っていますが、まだウイルスの影響があるのでしょうか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah, it's after a long break. It's not easy when you come back and only have four matches in four days last week. Probably that asks me a little bit more time to recover than someone else. It's not about my virus, it's about myself. I need some time to recover.
Here in a Grand Slam it's different kind of pressure that takes a lot of energy. Coming from New Haven to here hasn't been really easy, so probably I was still in recovery this week.
But, yeah, we'll see for next round.
ええー、長い休暇の後、先週4試合しただけで(GSに)カムバックするのは、簡単なことじゃないです。
たぶん、リカバリするのに、私は他の人よりも多くの時間が求められるんです。それはウイルスのためではなくて、自分自身のためです。回復するのに時間がかかるんです。
グランドスラムでは、別の種類のプレッシャーがあって疲れます。ニューヘブンからここへの移行はイージーなことじゃなかったんですけど、たぶん私は、今週になってまだリカバリしているんですね。

Q. But the virus is done?
ウイルスは終わったの?
JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah, yeah, yeah.
ヤーヤーヤー。

Q. Are you still planning on playing Fed Cup after this?
この後のフェドカップにはまだ出ますか?
JUSTINE HENIN HARDENNE: I will. For sure.
出ますよもちろん(スマイル)

Q. Did you see any of Andre's match last night?
昨日のアンドレの試合を見ましたか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: I watched the first two sets, yeah. I was very happy for him. Even if Marcos Baghdatis is a great guy, I like him very much. But it was even on TV, we could feel the atmosphere. So I was it looked very amazing. When I saw the score this morning, I was very happy. I think he deserved it. They played a great match. We could see that it is injuries a lot (sic). It was I think beautiful to watch on TV.
はじめの2セットを見ました。とても嬉しかったです。マルコス・バクダディスも素晴らしい人です、私は彼がとても好きです。テレビで見ているだけでも、会場の雰囲気が感じられました。とてもアメイジングでしたね。
今朝スコアを見て、とても嬉しかった。それだけの価値があります、彼らは素晴らしい試合をしました。怪我もたくさんですけど、ビューティフルでした。

Q. Did you get any sense of the atmosphere today in your match?
あなたの試合で、今日のような雰囲気を感じたことがありますか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah, it's not similar. No, I mean, what the atmosphere that there was in the stadium last night, I think it's only in this kind of situation that you can feel it. That remind me a little bit when I played Capriati here in 2003 in this pretty amazing semifinal.
So, no, there was yeah, I was also little bit sad for Baghdatis. He was playing great also on a few points. Not a lot of people, but everyone can understand that.
ええ、似てはいませんが、つまり昨晩の雰囲気とは似ていませんが。
あれでちょっと、2003年のカプリアティ戦の、素晴らしいセミファイナルを思い出しました。
だから、その、私はバクダティスがちょっとかわいそうだと思いましたね、彼も素晴らしいプレイをしていました。たくさんじゃないと思うけれど、だれでも気が付いたことだと思います。

Q. What is it like to be in New York and have the entire place against you when you're playing an American like Capriati? Baghdatis certainly had that last night.
アメリカ人のカプリアティとプレイするとき、会場全体が敵になるような感じですか、昨日のバグダティスがそうだったけど。

JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah, I changed the crowd little bit three years ago. They were behind me at the end.
No, that's a strange feeling. The stadium is big, so a lot of people. That wasn't very easy. I was leading against Capriati, and then the fans, I think, brought her back in the match. They help her a lot, gave her so much support, which I understand completely. That's pretty normal. That would be the same in Belgium maybe not as much, but...
It's amazing. It's part of the game, but it's not easy for the other player, for sure.
ええ、でも3年前、私は少し観客のみなさん(の雰囲気)を変えましたよ。
最後は応援してくれました。
いえ、これは変な感じなんです。スタジアムは大きいし、たくさんの人がいるし。私がカプリアティにリードした時、ファンが彼女を試合に引き戻した、と思います。彼らは彼女を大いに鼓舞したし、サポートしました、よく理解できることです。極めてふつうのことです。ベルギーでも、これほどまででもないにしても同じでしょう。でも、、とにかく素晴らしかった。それは試合の一部です、でも、(アメリカ選手の)反対側の選手にとっては大変ですよ、もちろん。

Q. Is New York just different because it's a little more raucous?
ニューヨークはちょっと騒がしすぎる?

JUSTINE HENIN HARDENNE: I don't know. No comment about that.
さあ。それはノーコメントですね。

Q. But actually is it like a supercharged Fed Cup atmosphere? Is it less than a Fed Cup atmosphere?
でも実際のところ、フェドカップのもっとスゴイのみたいな雰囲気じゃないですか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: Oh, it's very, very difficult to compare the events, you know. But, no, it's the fact is that it's the biggest stadium we play in, and that makes a big difference. It feels huge when you out there.
あー、それはとても、比べられるものじゃないですよ。

Q. Every time I see you, it just seems like you love running so much. What is your secret that you run so great on the court?
あなたの試合を見ていると、いつも思うんですが、走るのがとても好きですよね。コートであんなに走れる秘密はなんですか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: I love running on a tennis court but not running just for running. I hate that. So when it's to run after a ball, I love it.
But, no, it's one of my biggest qualities, the fact that I'm quick on the court and running after a lot of balls and having a good defense. But still my game is to attack the ball and move forward and take my chances.
So, yeah, I do my best.
テニスコートで走るのは大好きですけど、ただランニングするのは好きじゃないです。大嫌いです。ボールに追いつくのに走るのは大好き。
走れるのは私の最大の特長のひとつです、私は速いし、ボールに追いつくのも速いし、いいディフェンス力があります。それでも、ボールをアタックして前に出てチャンスを掴むのが私のゲームです。まあ、それが私のベストです。
posted by ochappa at 14:22| Comment(14) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

3R46,61,60

アーサーアッシュ・スタジアム第2試合。第28シード杉山戦。
なぜかエナンのサービスゲームから始まった第1セットは、いきなりブレイクされる波乱の立ち上がり。すぐブレイクバックして、41。ここまではエナンのショットはよかったし、スーパーなショットも多々あった。しかし、そこからまさかの5ゲーム連取で逆転される。
(31からの第5ゲーム第1ポイント。エナンのバックハンドぎりぎりサイドラインがアウトのコール。エナンはチャレンジしなかったが、ビデオはインを示していた。でもけっきょくこのゲームはキープした。)
42になってからエナンはエラーも出るし、ラリーで杉山に押された。杉山の動きがこれまたスーパーで、追いつけないような球に追いついてきわどく返し、相手のエラーを誘う、エナンのお株を奪うようなプレーも続出。エナンは完全にイライラモードに入った。それにしても、このセット、杉山のテニスは素晴らしかった。
第2セット、エナンのサーブもデュースにもつれ、何とかキープ。それからブレイクして20とするも、次のサーブ40−0から、なんとまたブレイクバックを許してしまう。ここのキープがキーだと思っていたので、これはかなりヤバそうと思った。次のゲームをブレイク。その次のサービスも40−0からデュースにもつれたような。とにかくすんなり行かなかった。杉山のプレーもいいのだが、エナンの決め損ないも響いていた。
第2セットはしかしその後ブレイクを重ねて51。30オールになって、ワウワウの中継は終わった。セットポイントは1回で決めたようだ。
そして第3セット。ブレイクスタート。その後はすんなり行った。スコアボードのスタッツを見ていたが、エナンのエラーが2で止まっている。ウイナーは1本と少ない。何でポイントを稼いでいたかというと、杉山のエラーだ。あるいはフォースとエラーで。結局第3セット、エナンのウイナーは3本。エースなし。エラーを3本と抑え、相手にブレイクポイントを許さず、60で勝利。やれやれ。まいった。

第1セット、エナンは明らかに調子が狂った。今大会初めてリードを許し、初めてセットを取られた。杉山はエナンのサーブのスピードも苦にせず、よく合わせて来たし、ラリーは互角以上の安定さを見せた。エナンはいいショットを打ち続けているのに、なぜかポイントが取れない。よくないパターン。第2セット途中からは、プレーが丁寧になった印象がある。あまりライジングで取りすぎることなく、少しテンポを落とし、エラーを減らした。それでも大胆なウイナー狙いもあり、それが決まるようになった。少しずつ調子を取り戻していった。その過程が階段を上がるように見えた試合だった。杉山さん、エナンにナイスなテストを課してくれました。1時間43分、やれやれ〜。


posted by ochappa at 04:48| Comment(28) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

2Rインタビュー

2Rinterview

Q. That was satisfying, right?
JUSTINE HENIN HARDENNE: Yeah, it's always good to win, especially the level in the first set I think was pretty good. I played pretty consistent and went a lot to the net. Had pretty good percentage of serve, first serve for me, 62% percent I think is not too bad.
And, yeah, I think she's a good player. She was hitting the ball good. I had to be very consistent and focus on every point, so I'm happy especially with the first set today.
いつでも勝つのは気分いいです、特にファーストセットのレベルはとてもよかったです。とても安定して、ネットに出ました。ファーストサーブの確率も私にとってはとてもよくて、62%、悪くないと思います。
彼女はいいプレーヤーだと思います。うまくボールをヒットしていました。私は毎ポイントに集中して、コンシスタントにプレイする必要がありました。今日、特にファーストセットのようなプレイができてうれしいです。

Q. Do you think people, players who have never played you before, sometimes are surprised with how hard you hit the ball? They don't expect that?
初めてあなたと対戦する人は、あなたがあんまりハードにヒットするの驚くと思います?

JUSTINE HENIN HARDENNE: I don't know, but I also have the feeling that now they not scared. You know, they have nothing to lose. So I think it changed a lot from the past when a player like that was playing a seeded player, maybe she was a little bit afraid, nervous.
Now it's not happening anymore. They take their chances. They try to be very aggressive because they know that's what they have to do if they want to win. But, no, it's been good to me.
さあ。でも彼女らはそんなに怖がっていないと思いますよ。彼女たちは失うものがありません。以前ならシードプレーヤーと対戦するときは、たぶん(彼女たちは)少し恐れたりりナーバスになったりしたと思うんですけど、今はもうそういうことないですね。彼女たちはチャンスを得て、アグレッシブにいこうとする、そうしないと勝てないことがわかっているからです。でもまあ、私にとっては良いことです。

Q. Do you like short games in the first, second rounds that you don't spend that much time on the court?
こういう短い試合で1,2回戦終えられていいですね?

JUSTINE HENIN HARDENNE: I don't have to like it or not like it, it's the way it is. You just have to win every match you play, and that's it. I think you try to do what you have to do in the court, try to find the good feelings, the good rhythm. A win like this is for sure better because physically you're not going to find your limits, which is good.
In the other hand, sometimes I had tough matches in the first rounds in Grand Slams and I won them.
So no rules about that. Yeah, we'll see.
好むと好まざるを問わずですよ、なるようにしかなりませんから。ただ毎試合勝つためにプレイするだけです。コートに出たらすべきことをするだけです。いいフィーリング、いいリズムを見つけようとします。今日のような試合は、もちろん、体力的にベターですよ、ぎりぎりまで行かなくていいですからね。

Q. You had a few serves that looked like you had maybe some shoulder pain. Is anything going on?
サーブの時、肩のあたりが痛そうに見えたけど、何かあるんですか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: No, no.
いいえ。ないない。

Q. Almost like you were falling off a no?
ほとんど倒れかかったませんでしたか?

JUSTINE HENIN HARDENNE: No.
いいえ。

FastScripts by ASAP Sports...

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最後のやりとり、意味不明。

☆本日、続けて3回戦!
相手は杉山! アーサーアッシュスタジアム第2試合。

1. Men's Singles - 2nd Rnd.
Roger Federer (SUI)[1] vs. Tim Henman (GBR)

2. Women's Singles - 3rd Rnd.
Ai Sugiyama (JPN)[28] vs. Justine Henin-Hardenne (BEL)[2]

3. Men's Singles - 2nd Rnd.
Teimuraz Gabashvili (RUS) vs. James Blake (USA)[5]

Arthur Ashe 7:00 PM

1. Women's Singles - 3rd Rnd.
Katarina Srebotnik (SLO)[22] vs. Lindsay Davenport (USA)[10]

2. Men's Singles - 2nd Rnd.
David Nalbandian (ARG)[4] vs. Marat Safin (RUS)





posted by ochappa at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2R6-1,6-2

アームストロング・スタジアムの第2試合。アメリカの17歳、Vania King戦。試合時間64分。
ファーストサーブ62%と高め。しかしダブりが4本。今大会は1試合5本以内を目指してほしい。そしてどうやらダブりが出たゲームで2ゲーム、ブレイクされている。
ポイントトラッカーを見ていたら、ロングラリーが多かった。そこで気がついたのは、エナンはロングラリーになると、1本高いボールを混ぜる。ムーンボールなのかどうか、混ぜざるを得なかったのかどうか分からないが。

ダベは60,60。クズは61,61と、どちらも圧勝している。ダベの肩の調子はどうなのか。見ている限り、普段通りだけど。

posted by ochappa at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

1Rインタビュー

interview

J. HENIN‑HARDENNE/M. Camerin

6‑2, 6‑1

An interview with:

THE MODERATOR: Questions for Justine, please.

Q. Can you give us a brief history of what happened, when the injury occurred that has shortened your summer season in the United States?

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: My knee injury, you mean? Yeah, no, it's a year and a half ago that my knee, my right knee is bothering me. It's been really bad this year in Dubai, Indian Wells, Miami, I was feeling it. And I did push myself too hard probably at that time, so it got a little bit serious.

Then in the summer it was still bothering me a little bit. I wasn't feeling ready yet to play in Montreal, unfortunately. It was the best preparation for me to go in Montreal and get a few matches; I couldn't have it, so I had to change my plan which I don't like that much. But when you have to, you do it.
この夏まだ少し膝の痛みが気になりました。モントリオールに出る気分にはなれなかったんです、残念ながら。モントリオールに出るのがベストな準備だったんですが、プランをを変えざるを得ませんでした、あまりそうしたくはなかったんですけど。でも仕方ありませんでした。

But now my knee is feeling fine. I just have to be careful. When it's painful, I just have to rest. It's probably----- it's not easy for me on hard court. It's a very difficult surface for this kind of injury, but I'm better now.
でも今は膝はいい感じです。ただ気をつける必要はあります。痛いときは休まないと。たぶん、ハードコートは簡単じゃないんですよ。膝にとっては難しいサーフェスですが、今はよくなっています。

Q. No player likes to make excuses for a loss, but realistically, could this injury have had an impact on your surprisingly different performance in the final in Wimbledon?
誰も言い訳はしたがらないものだけど、現実的に、その怪我がウインブルドンのファイナルのパフォーマンスに与えた影響は?

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: Not at all. No, no, no, no. My knee was fine at the time. Now that I had time to think about that, I wasn't fresh enough. I had a lot of things to do, a lot of matches to play. French Open, Eastbourne, Wimbledon, no regrets about that because I just gave 200 percents. For sure you want to play your best tennis in a Grand Slam final, and I couldn't. I just had to accept it and say that's life.

まったくありません。nononono,その時は膝は問題じゃなかったですから。あれについて考えましたけど、あの時私は十分にフレッシュではありませんでした。やらなくてはいけないことが沢山あって、試合もたくさんやって、フレンチオープン、イーストボーン、ウインブルドンと、これについて後悔はしていませんが、だって私は200%を出し切りましたから。もちろんグランドスラムのファイナルではベストテニスをしたいです、でも出来ませんでした。私はこれをthat's lifeとして受け入れるだけです。

The other one, she's there for the same thing as me. When she plays better, she deserves to win, that's it.
それに相手が、彼女は私と同じもののためにいたのですから。彼女の方がいいプレイをしたのだから、勝って当然だということです。

Q. Coming off of a good result in New Haven, how do you feel? Are you feeling physically and mentally where you want to be right now?

ニューヘブンの結果を踏まえて、どうですか気分は。メンタル的、フィジカル的に?

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: Yeah, I think it's been good for me that I had this chance to play a few matches in New Haven. The transition from New Haven to here wasn't very easy because I didn't hit a single ball here on US Open courts before my warm‑up during my match today. It was raining yesterday and this morning, and that's why we had a longer warm‑up, ten minutes warm‑up. I was a bit nervous about that because you just want some, yeah, time to get used to other conditions.
ニューヘブンで何試合か出来たことは良かったと思います。ニューヘブンからここの切り替えはそんなに簡単ではなかったです、というのも私はここのUSOPENのコートでぜんぜんボールを打ってないんです、今日の試合のウオーミングアップまで。昨日と今朝は雨でしたし、それで今日10分間のウオームアップ時間になtたんです。少しナーバスでしたが、それはその、ほかのコンディションに慣れる時間がほしかったので。

But I feel good. I think it's first year since 2003 I'm playing the four Grand Slams in the season. I'm very happy about that.
でも気分はいいです。4つのグランドスラムをプレイできるのは2003年以来だと思います。それがとてもうれしいです。

Q. And playing in four Grand Slams that you could theoretically, hopefully in your case, be in a final of.

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: Yeah, it's still too far from now. What I did till now is amazing. It's maybe the best season of my career with 2003 I would say. I've been very consistent from the beginning of the season.

I'm not thinking too much about what could happen here. The only thing I know is that I enjoy my tennis so much. I'm pretty healthy. I'm qualified for the championship, which remains one of my goal in the season. We'll see. I will go step by step, and we'll see.


Q. Did you request a Tuesday or Wednesday start here?
火曜か水曜スタートのリクエストを出しましたか?

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: I didn't request anything because in Grand Slam you don't have anything to say, and that's normal. They choose a part of the draw. You play on Monday. So I just heard after my final in New Haven that I was supposed to play today, so even if I wasn't very happy at that point, you know ‑‑ you have to accept it.
いえ何もリクエストしませんでした。グランドスラムですから、何も言うことないですし、そんなの普通ですから。どちらかのパートが選ばれて、それが月曜にプレイする。ニューヘブンの決勝のあとに、月曜スタートになると聞きました。あまり嬉しくはないにしても、そうするしかないですから。

That's like this, when you take the risk to play a tournament before a Grand Slam you have to be ready to play on Monday. I wasn't very happy about the fact that I played first match, but now it's behind me, and I just want to look forward.
グランドスラム直前の大会に出るということは、そうした月曜開始のリスクもあるということです。第1試合というのもあまり嬉しいことではなかったんですけど、もう終わったことなので、もう先のことを考えたいです。

Q. You had mentioned this is your best season as far as you can tell so far. Any particular reasons for that?
ここまでのあなたのベストシーズンについて。どんな理由があるのかな。

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: I'm healthy, that's very important. That I can play not a lot of tournaments, but I can play consistently tournaments after tournaments. I think it's very important for your confidence when you're injured and you take some time to come back, that takes a lot of energy.
健康であること。これがとても大きいですね。たくさんのトーナメントには出られませんが、コンスタントなプレイが出来ています。

Yeah, I just ‑‑ I enjoy my tennis so much, much more than in the years before. I don't know why, but it's like I feel very lucky to do what I love so much. It's great that I can play a whole season. I hope I can keep going this like. Yeah, it's great the way it is for me this season. We will see.
ええ、今、私はとても自分のテニスを楽しんでいます、以前よりもずっとですね。よくわかりませんが、こんなに好きなことを出来るなんてとてもラッキーだと思っています。シーズン通してプレイが出来るなんて素晴らしいことです。これをキープしていきたいし、今シーズンはとてもいい調子できています。

Q. The four Grand Slams are obviously very unique. New York is an interesting setting. Your thoughts on this particular event? How does this rank of the four?
4つのグランドスラムはとてもユニークだけど、あなたのそれぞれの印象は? ニューヨークはどう?

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: Yeah, it's -------that's not my favorite one, I just have to agree. It's a bit of a mixed feeling about my results here because I won it once and then I lost fourth round almost every year.
えー、そうですね、私の好きな大会ではないですね、ほんとのところ。ここでの結果については、ちょっとミックスした気持ちがあって。一度ここで優勝しました、でもあとはほとんど毎年4回戦負けですからね、

It's last Grand Slam of the season. Everyone gets a little bit tired. It's pretty busy, I mean New York. Busy city. I think everyone is a bit tired during this tournament, but it's in the season and everyone wants to play well. There is the race to the championships. I feel I think everyone is more under pressure than the other Grand Slams. That's the feeling I have. I don't know if the other players feel it that way.
最後のグランドスラムですから、みんな少し疲れています。ちょっとビジーだし、つまりニューヨークってビジーな街でしょ。。みんな大会中、ちょっと疲れていると思います。チャンピオンシップへのレースがあります。だからみんな、よりもっとプレッシャーを感じるグランドスラムだと思うんです。そういう気がするんです。他の選手がどう思っているかわかりませんけど。

But it's a different atmosphere: Night session and the New York crowd. It's different. I like it, but it's not my favorite one.
雰囲気は違いますよね。ナイトセッションとかニューヨークの観客とか。違いますから。それは好きですけど、私の好きな大会ってわけではないです。

Q. What do you think of the WTA rule of on&court coaching? Do you think we'll see it in the Grand Slams soon?
コーチングルールについてどう考えますか?

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: I don't know. I didn't use it last week in New Haven because I knew that this week I wouldn't have any coach with me on the court. For me, I think we working a lot with my coach about the fact that I'm alone on the court. I have to move forward. I have to find the solutions by myself.
さあ。ニューヘブンでは使いませんでした。今週は使えないわけですから。私にとっては、コート上ではひとりであることについて、たくさんワーキングしていると思います。私は前に進まないといけないし、自分で解決策を見つけないといけないんです。

If you see it another way, it's gonna make the woman's tennis more popular because I think people like to see the relationship between the coach and the player that looks interesting on TV and everything.

I don't see --------- I don't know if we gonna have this rule in the future. I think that a lot of people thought that was great, but I cannot tell you because I didn't use it. If it becomes a rule everywhere, we'll see if I'm gonna try it. But now, for me, there is no way I can give feedback.
違う見方からすれば、これは女子テニスをもっとポピュラーにするかもしれませんね。みなさんはコーチとプレーヤーの関係を見たいと思うでしょうし、テレビで見るのは面白いでしょうからね。
今後このルールがどうなるかわかりません。多くの人がグレイトだと思うと思いますが、私はまだ使っていないので、何とも言えません。今のところ、何も意見はありません。

Q. Does it help you? Does it help to be coached during a match? Does it matter to you, because it's never been that way?
コーチングタイムは助けになると思いますか?

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: I didn't try it but, you know, I think I had great results without my coach with me on the court. I don't need him to be with me because I know what I'm doing well and what I'm doing wrong and what I have to do and what I have to improve. I just look at him and I understand what I have to do. So that's it for me.
やったことないですけど。私はコーチなしでもいい結果を出してきたと思います。私はコート上でコーチを必要としません、なぜなら私は、何がうまくいってるか、何がうまくいっていないかわかりますし、やるべきこと、上げていくべきこともわかります。私はただ彼の方を見れば、自分のすべきことがわかります。

Q. Any superstitions you have when you're playing?
プレイ中の迷信は?

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: No, I'm not as superstitious as I was in the past. I was a few years ago. Now I'm doing much better. Not really like I was in the past.
いえ、以前ほど迷信深くないですよ。

Q. What were your superstitions in the past?

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: I don't know. For example, I started my tournament playing in white in New Haven, and then I changed for my semifinal and final I was in blue and black. I would never do that in the past. Just thinking there is nothing to do with it.

So it's better to see it that way. But it's normal. An athlete does kind of have routine in everything but doesn't have to go too far.
たとえば、ニューヘブンの大会、私は白のウエアで始めたんですが、でもセミとファイナルではブルーとブラックに変えました。以前だったらまずやらなかっただろうと思います。今は別にどうってことないと思いますが。

Q. Considering you didn't get to play on Saturday --------or much on Saturday ------- and you said you didn't get a chance to hit a ball until this morning, were you happy with the way you played?

JUSTINE HENIN‑HARDENNE: I think it was a very strange situation for me, yeah. I didn't play a lot on Saturday, and then yesterday nothing, this morning nothing. It's not easy to arrive in a Grand Slam like this.

But I think I did deal pretty well with the situation, even if I was a bit tired at the beginning of the match. I wasn't moving that well. But game after game, especially in the second set, I was starting to feel better and I served well.

I've never been really under pressure, so I could control the match, and I'm happy to have this kind of match for a first round.
でも、この状況をうまくこなせたと思います。試合の始めはちょっと疲れていたんですけど。動きもよくなかったし。でもゲームが進むごとに、特にセカンドセットは、いい気分で、サーブもうまくいきました。
プレッシャーは感じませんでした、それで試合をコントロールできました。
いい形で1回戦を勝ててうれしいです。
FastScripts by ASAP Sports...
posted by ochappa at 21:29| Comment(9) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1R62,61

雨で約1時間遅れで始まったエナンの初戦イタリアのカメリン戦。はじめやや固い印象があったものの、ファーストセット2ブレイク、セカンドは4ブレイク(1ブレイクバック)で勝利。カメリンも立ち上がり、ストロークがよく、また初対戦ということもあってか、ラリーもけっこうあった。が、セカンドセットの途中でカメリンが左脚太ももを痛めてインジュリータイムアウト。その後、動きがガタリと落ちて、エナンは一気に4ゲーム連取したのでした。

スタンドは雨のためか、それとも第1試合のためか、かなりガラガラだった。

エナンの新サーブ。肘を畳んでの構え。トスアップが低くなったような。トスアップを低くしてややクイックになったか? ファーストの入りはトータル51%といつも通り。しかしダブりは1本もなく、セカンドもかなり打っていた。ナイスウイン!

posted by ochappa at 03:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

初日センターコート第1試合

USOPEN1回戦。
エナンは、なんとアーサーアッシュスタジアムの第1試合に入ってしまいました。昨日まで試合をしていたエナンとダベ、いずれもボトムハーフですから、てっきり2日目と思っていましたら。どうやらアガシのハーフ(ボトム)とセットにしたい、つまり女子の方は、トップハーフの方が集客性が高いと踏んだのではないでしょうか。

昨日のアーサーアッシュスタジアムではキッズディ。プレスコンファレンスディだったらしく、ヤフーの写真ページにはトップ選手のニコニコしたプレス顔がいっぱいです。エナンとダベ、男子ではダビデンコとカレーリだけがコートで暑苦しく試合していたのでした。

1. Women's Singles - 1st Rnd.
Maria Elena Camerin (ITA) vs. Justine Henin-Hardenne (BEL)[2]
2. Men's Singles - 1st Rnd.
Florent Serra (FRA)vs. Andy Roddick (USA)[9]

3. Women's Singles - 1st Rnd.
Klara Zakopalova (CZE) vs. Lindsay Davenport (USA)[10]

Arthur Ashe 7:00 PM
1. Men's Singles - 1st Rnd.
Andrei Pavel (ROM) vs. Andre Agassi (USA)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

せっかくセンターコートの第1試合ですが、第10コート第1試合に杉山の試合が入っており、放送枠持って行かれそうです。今年のエナンはこういうこと多いような。こうなったら杉山には3回戦までしっかり勝ち上がってほしいです。
posted by ochappa at 16:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 2006USOPEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする