2006年06月15日

エナンシャツオークション

WTA主催のオークションに、エナンとクズのサイン入りローランギャロス2006のTシャツが出ています。

RG-signed-items-200.jpg
エナンのサインはいつもと同じでしょうが、クズのサインがSKってほんまかいな。まだ競りは続いているようです。いくらで落札されるでしょう。
5万円ぐらいかな。
posted by ochappa at 17:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

RGファイナルインタビュー

■ROLAND GARROS 2006 06RGwsdraw.pdf



■Day 14 An interview with Justine Henin-Hardenne
Saturday, June 10, 2006

Interview

Q. You're 24 years old. You've won five Grand Slams. Assuming there's only one Belgian that's going to retire in a year and a half, can you win as many as 10 Grand Slams before you decide tennis is over for you?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: I'm not thinking too much about that right now. But every time on walk on the court, in a Grand Slam or not, I just try to give my best. That's what I'm doing for a couple of years now.

And that brought me results. It's been a lot of sacrifices in my career, a lot of work. And now, I mean, that really pays off. And even if I had a lot of trouble the last two years, I keep winning a major title every year so that's not a bad average.

I'm very happy the way it went this week. Winning here for the third time means maybe more than the fifth Grand Slam for me, I mean, because it's physically and mentally very hard on clay. I've been very calm during the whole tournament, even if I never really played my best tennis. I played very well on the crucial points, and today again. So I'm very, very happy the way it goes right now.
今週こんなふうに出来てとても嬉しい。私にとって、ここでの3勝は、グランドスラム5勝以上に意味がある。というのもクレーで勝つことはフィジカル的にもメンタル的にも、とてもハードなことですから。私は落ち着いてプレーすることができた、決してベストテニスとは言えないとしてもですね。重要なポイントでいいプレイができました、今日もそうです。今はそのことがとても、とてもハッピーです。

Q. What was happened with Am四ie Mauresmo in Australia always in the back of your mind to drive you until the end?
オーストラリアオープンのアメリー戦でのことが頭にありましたか? 
JUSTINE HENIN-HARDENNE: Not really. It wasn't a kind of revenge. I been very frustrating. Last January I couldn't take my opportunities to win a fifth one at that time, and this time I knew it was another opportunity and I took it.
So I wanted to forget about what happened in Melbourne, but it was a little bit in my mind. But it was more motivation than a revenge. I'm just happy. It was my second Grand Slam final this year, and I could win it. So I am more and more happy today.
そんなことはありません。これはリベンジとかじゃないんです。とてもフラストレーションはありましたよ。1月に、5つ目のタイトルを取るチャンスを逃したことは。今回また新たなチャンスが来た、そしてそれをモノにしました。
私はメルボルンでの出来事は忘れたかった、でも少しは頭に残っていました。でも、それはリベンジ以上のモチベーションです。今年2回目のファイナルで勝つことが出来ました。なので今日はいちだんと嬉しいです。

Q. I know you're a big admirer of Steffi Graf when you were growing up. What does it mean to be the first person to defend the title here since she did?
あなはたグラフに憧れて育ちましたね、彼女以来の初めての連覇ですが。

JUSTINE HENIN-HARDENNE: It's pretty amazing. I mean, she won here six times. She's a real champion. I think Sanchez, Seles won here three times and now me. So it's amazing to be, you know, with all these names.

But it's only my fifth Grand Slam. I will never be like all these players. I give my best all the time. I'm very proud of what I'm doing. But life keeps going. Even if I enjoy it right now, I know in tennis you have to start again, start again.

I want to enjoy it, but I know that after there will be other tournaments and I don't have to forget about that.
とても素晴らしいですね。彼女は(フレンチを)6回勝っている、リアルチャンピオンですが。サンチェスとセレスもここで3回優勝していると思いますが、私もそうなって、こうした選手たちと肩を並べられるなんて素晴らしいです。
でも、まだこれは5つめのグランドスラムタイトルに過ぎません。まだまだ彼女たちには及びません。私はいつも自分のベストを尽くし、それを誇りに思っていますが、まだまだ人生は続きます。今はエンジョイできても、またスタートしなければ、スタート・アゲインです。

Q. How much credit do you give to your coach Carlos on all this success that you've had?
あなたが達成したことに対するカルロスの功績をどう考えていますか?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: A lot. I mean, you never know what could happen if I never met him, but that's the way it went.

Now in June it's 10 years, 10 years of trust, 10 years of respect, 10 years of ups and downs, and we still together. So it's amazing. I will never play tennis without him. That's the only thing I know right now.

And, again, this week, it could find the words. Before a few matches I wasn't feeling that well. He knows me so well, he knows how to talk to me. He always finds the good words to talk to me, so that's very important. He's a big part of my success for sure.
甚大です。もしカルロスと出会わなかったらどうなっていたことか。
今年の6月で、十年が経ちました。(注;カルロスとコンビを組んでから)十年の信頼、十年のリスペクト、十年のアップアンドダウンを経て、まだ私たちは共にいます。素晴らしいことです。彼がいなければテニスをしていなかったでしょう。今言える確かなことはこれだけです。

Q. Even if it's not very original, can you give us three different feelings you had in the three different wins in Roland Garros? Three different objective for each of them.
3回のローランギャロスの優勝の違いを話してくれますか?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Yeah, the first one was very emotional because it was the first Grand Slam I won. And then it was the confirmation last year. And then this year, it's, I don't know, right now I cannot find the words to describe it. It's too early right now.

But I know when you win three times the same tournament, it probably means a lot, especially in this kind of tournament on clay. It's very tough to win here. So right now, I still not realize that I won three times the French Open. Maybe tomorrow I can answer better your question.
ええ、1回目は初めてのグランドスラムタイトルでしたから、とてもエモーショナルなものでした。去年の優勝では確証を得ました。そして今年は、なんでしょう、今はうまく言い表せません。ちょっと早すぎます。

Q. Svetlana seemed to be coming back into the match a couple of times there. You seemed to effectively shut the door on her. Can you talk about her game, how you lifted your game, do you think experience mattered there?
スベトラーナが巻き返してきそうで、あなたは効果的に彼女をシャットアウトしたように見えますが。

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Yeah, she's been very powerful. She tried to put a lot of pressure on my serve. I was playing too short. Physically I did suffer a lot. It was time for me that this Grand Slam would end because I wasn't sleeping well at all for a couple of nights. I was feeling very tired with the heat also.
ええ、彼女はとてもパワフルですから。私のサーブにすごいプレッシャーをかけてきましたね。too short,ボールが短くなっていました。フィジカル的にはかなり厳しかったんです。この数日ほとんど眠れなかったので、とても疲労していましたし、暑さにもやられました。

So I just, when she came back in the match, just trying to play point after point. There were crucial games. And, you know, this game at 4-3 in the first set, I could go to 5-3, was very important. Then in the second set, she gave me some error, 2-0, 30-Love. Then I come back to 2-1. But she did a couple of mistakes at that point, and that was very important for me to come back very early in the set. Then crucial game at 3-All in the second. I played my best tennis. I did return and volley. I took the opportunity.

So I probably didn't play my best tennis during the whole match, but at very important games, that's what I did. That's been the same during all my seven matches this week. So I'm very happy about that.
だから彼女がカムバックしてきたとき、一ポイントずつプレイしようと思いました。重要な決定的なゲームがいくつかありました。第1セット43の場面、私は53にすることが出来ましたけれど、本当にあれは重要な場面でした。それからセカンドセット、彼女はいくつかエラーをして、20、30ラブからですね。それで私はブレイクバックできました。彼女はあのポイントで、いくつかミスをしたのですが、あれは私が早めに調子を取り戻すのにはとても大きな意味がありました。それからセカンドセット3オールからの決定的なゲームで私はベストテニスをしました。リターン&ボレーを決めました。私はチャンスを手に入れました。

Q. Justine, on court, for you, what is the more important weapon, your heart or your mind?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Oh, it's tough. It's a bit of everything. I mean, you just try to give your best on every shot, and I've been very calm during these last two weeks, more than in the other Grand Slams I won in the past.

So, no, I just fight on every ball, and that's very important. For sure I feel the surface much better than the other surfaces. I can slide. I have more time to organize my game. I have good defense. So that -- I know that all these kind of players, they don't like when the ball is coming back all the time. That's what I try to do in my last couple of matches, and it really went well.
私はすべてのボールにファイトするだけです、これが本当に大切なことなんです。もちろんクレーは他のサーフェスと比べてずっといいです。私はスライドできますし、ゲームを組み立てる時間があります。ディフェンスもいいので。彼女たちは、ボールがいつも返ってくるというのはイヤでしょうね。私はそうするようにしましたし、それがとてもうまく行きましたね。

Q. In terms of your mental toughness, your fighting spirit, how has Carlos helped you and taught you in that area?
あなたのメンタルタフネス、ファイティングスピリッツについてですが、カルロスはこの点でどんなことをしてくれるのですか?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Yeah, a lot. When I was a bit younger, when I arrived on the tour, I had a couple opportunities here in the semifinal in 2001, and I won. I lost a couple of very close matches. At that time, everyone was saying that I wasn't strong enough mentally. And then, you know, I started to build something. I started to work on myself with Carlos. He always found the good words to help me. If there is someone who really believe I could become No. 1 and win Grand Slams, it was him, and he was telling me this every day. That's what happened. So for sure he's a big part of what happened in the last few years.

But when you're on the court, you alone and you have to take your responsibilities. That's what I'm doing right now.
それはたくさん。もっと若い頃、ツアーに出始めの頃、私はここでセミファイナルに進出しました、2001年です。私はいくつか接戦を落としていました。あの頃は、私はメンタルが弱い選手だと言われていたんですよね。それからカルロスと努力しました。彼はいつも私を助けるいい言葉を見つけてくるんです。私はナンバー1になれる、グランドスラムを取れると、本当に信じていた人は彼です。そして彼は毎日それを私に言い続けたのです。私がこの数年で出来たことは、彼のおかげによるところが大きいです。

Q. There are players on this tour in the Top 10 who not only play tennis but appear in motion pictures, television, they model for high-fashion magazines. You're a very fundamental person, both personally and in your tennis. How did you arrive at that philosophy, that that's the way you wanted to live your life?
トップテンの中には、テニスだけでなく、テレビに出たりモデルをしたりする選手もいます。あなたは個人的にもテニス的にも極めて原理主義的(fundamental)ですよね。

JUSTINE HENIN-HARDENNE: I'm very different from a lot of players. And that's good to have different kind of personalties and different kind of styles of game in the women's tennis. I think that's very important.

But for me, what I love in the life I have, it's just to be on the court and to fight on the court and to push my limits. The other things, I'm not really interested. I mean, the best part is when I'm on the court, and then it's part -- everything else I have to do, it's part of my job and I accept it, but that's not why I'm playing tennis. I'm playing tennis because of these very close situations. Today, you know, this tightness, when you're nervous, on the crucial points, on breakpoints, that's what I love.
私は他のプレーヤーとずいぶん違いますね。でもツアーにいろんなタイプがいるのはとてもいいことですし、大切なことだと思います。
ただ私にとって人生で一番好きなことは、ただコートに立って、自分の限界までファイトすることだけです。他の事にはあまり興味が持てないので。ほかにやらなくちゃいけないこともありますが、それは仕事の一部だし、受け入れていますが、私はそのためにテニスをしているわけじゃありません。私はこういうタイトな状況、今日もそうですが、ナーバスで、決定的なポイントで、ブレイクポイントで、私はそれを愛しているんです。

Q. This is only one of the titles of a huge collection, because we are talking about Sampras, about the possibility of Grand Slam in male tennis, but you got to the final in Wimbledon. So, I mean, you want more, or you're gonna stop?
あなたはあとウインブルドンのタイトルを取らないといけませんね? もっとタイトルが欲しいですか、それとももう止める?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: No, I'm not gonna stop playing tennis. It's not in my personality. I keep saying I want a long-term career.

But if I want to do this, I have to stay healthy. To stay healthy, I have to take the good decisions. That's going to be very important for me. I have the feeling it's been another career that started for me this year because I really realize if I want to keep playing a few more years, I have to take care of myself.

So maybe it's more important the quality than playing too many tournaments. So Wimbledon remains a dream in my career, a goal for sure. There will be -- I mean, that would be the best. But I don't know. We'll see.
いえ、止めませんよ。私は長くテニスをしていたいと言っていますからね。
でももしそうしたいのなら、私はヘルシーでいなくてはなりません。ヘルシーでいるために正しい決断もしなくてはいけない。それが重要になってきます。今年私は新たなキャリアが始まると感じています、それはつまり、もしもう何年かプレイしたいのなら、自分自身をもっとケアしなくてはならないと本当に分かったからです。

Q. Do you think you are the top of your possibilities technically and physically, or do you think you can do more? Which part of your career do you think you are?
技術的にフィジカル的にあなたは最大限まで来ていると思いますか、それともさらに行ける?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Which is good is that I won this Grand Slam without playing my best tennis all the time, and that's very important because sometimes you don't hit the ball as well as you would love to. But that's -- you have to accept it.

But when you facing a breakpoint and you playing well on that point, that's very important. I know that mentally it's been very good these last two weeks. And then I know I still have to work on the fact that I lose a lot of energy because I'm very nervous during a Grand Slam, and at the end I start to feel it. I'm getting tired a little bit. It's not a question of conditioning problem, it's just a question of that I'm thinking too much about what's happening in the tournament.
常にベストテニスというわけではなくてもグランドスラムに勝てたことは、いいことですね。これは重要なことなんです、ときどき思うように打てないこともありますから。
ブレイクポイントに直面して、そこでいいプレイをする、それが重要なんです。メンタル面はこの2週間、とてもよかった。でも、グランドスラムの大会中とてもナーバスになること、しまいにはそれを意識してしまうことについては、、、エネルギーを消耗しすぎることについて、もっと何とかしないといけないですね。ちょっと疲れてきてます。それはコンディションの問題ではなく、私がトーナメント中のことを考えすぎてしまうという問題です。
But it's in my personality, and I will probably never change about that. So I accept it and I live with that.
でもこれは私の性格ですし、変わらないでしょうね。受け入れて、うまくつき合っていくしかありません。

THE MODERATOR: Questions in French, please.
フランス語でどうぞ。

Q. You just said you were happy because you didn't play at your best level, you were nervous. How can you explain that this is a Grand Slam where you were the most calm? How can you explain that?
ナーバスで、ベストなレベルはなかったということですが、それでももっとも落ち着いていたグランドスラムはないですか? 

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Well, that's the point. I was able to manage my nervousness. Nervousness is present for all players. I don't believe a player can sleep well the day before a final here. I don't believe it's possible. This is the reason why there's a difference between the top players and those who win the major tournaments. It's normal to feel that. After, you have to manage it. How do you manage your tension? That makes a difference.
ええ、まさにそこです。ナーバスを何とかすることができたということです。どんな選手もナーバスになります。決勝戦の前の晩にぐっすり眠れる選手がいるとは思えません。そんなこと出来るとは思いません。そこがメジャーを取っている選手とトッププレーヤーの違いです。ナーバスになるのは当たり前で、それをどうにかしなくちゃいけない。いかに緊張感に対応するか、これが大きな違いを生みます。

In the past I was taken over by those emotions. I couldn't manage them. But these two weeks, I accepted that things were not going too well all the time and that I was playing not so good, and I was able to manage that a lot better than in the past. Winning a Grand Slam without losing a set is not insignificant, and I was able to pull out from complicated situations during those two weeks, and I was very calm. This is why I was able to get out of it.

If I had lost my nerves, the task would have been more difficult.
以前、私はこの感情に飲み込まれてしまってました。うまく対処できなかった。でもこの2週間、いつもいつもうまくはいかないこと、それほどいいテニスが出来ていないことなんかを受け止めて、以前よりはずっとよく対処することができました。セットを落とさずにグランドスラムを優勝できたことは驚くべきことです。私はこの2週間の難しい状況も整理して、落ち着いていられました。それがうまく行った理由です。

Q. Can we say that today experience won, and how can we win against you?
今日は経験の勝利と言えるけど、どうやったら君に勝てるかな?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: I don't believe nobody can beat me on clay, not at all. I believe today the difference was a couple of points, the important points. There was that game at 4-3 in the first set where I was able to break back. And in the second set, at 2-Love, 30-Love, she let me come back into the match. At 3-All, I played the best game of the whole match, and that was enough after to go towards victory.

So I managed those moments better, even though we might say she was more solid than I was.
クレーで私に勝てる選手がいないわけではないでしょう、まったくのところ。今日の試合でも違いはほんの数ポイント、重要な場面での数ポイントに過ぎないと思っています。ファーストセット43、ブレイクバックされたところ。それからセカンドセット2ラブ、30ラブ、彼女は私にブレイクバックさせてくれました。3オールで、私は試合中でもっともいいプレイをしました、あれが勝利に導いたのです。

Q. But how can we win against you?
しかし、どうやったら勝てるのかな?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: It's the other players who have to think about how to beat me.
それは他の選手の考えることでしょうね。

Q. The third final here in Paris, wasn't it the one where you were most nervous and more tired?
パリで3つ目のタイトルは一段とナーバスで、一段と疲れたのかな?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Not maybe most nervous, but the conditions were difficult. It was windy in the beginning of the match, and it was very hot. There were weather changes a lot during the past two weeks, so I felt I had this opportunity of winning a Grand Slam. It made me nervous.
たぶん一番というわけではないですが、コンディションは難しかったですね。試合の始めは風があったし、とても暑かったし。この2週間で気候がとても変わりました、だから勝つ機会もあると感じました。それが私をナーバスにさせました。

But in the end, I managed that well. It was very difficult today, but I was able to manage. Of course I lost a lot of energy at the end of the tournament because I wasn't able to sleep. That's it. But this is part of me.

Of course when I play too defensive, it's not a physical problem, it's because I step back and I get more tired compared with when I control the situation.
でも最後にはうまく対応できました。今日はとても難しかったですよ、でも何とかなりました。もちろん大会の終わりでエネルギーを大変消耗してましたけど、眠れなかったですからね。でも、これも私のいつものことです。

Q. We say that you are the best on clay today. Do you believe it?
あなたは今の時代のクレーコートのベストプレーヤーだね、自分でもそう思いますか?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: I don't think about that kind of thing. I try to win every match that I have to play. Of course clay is my easiest surface, but I lost also matches on clay this year. You have to ask to those players how they managed to beat me.

I take everything I can. It's a bonus for me. I didn't believe one day I could win three times here. Now everything is a plus. It's great.
そういったことは考えたことないです。私はただ毎試合、勝ちたいだけで。もちろんクレーは私にとって一番イージーなサーフェスですよ。でも今年も何度かクレーで負けてますし。私を負かすことについては他のプレーヤーに聞いてくださいね。

Q. Were you surprised by the way she played and the way she became nervous also?
スベトラーナのプレイや彼女がまたナーバスになっていたことに驚きましたか?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: No, but I knew she was going to try to pressure me. I expected that. She wanted to do something else than the last times we played together.

But at one stage, she started making mistakes. At an important moment, I put pressure on her, and this changed the end of the match. I was happy to win in two sets. It was important for me today.
いえ、彼女がプレッシャーをかけてくるだろうことは分かっていました。それは経験してますから。彼女は、前に対戦したときとは違った何かをしたかったんです。
しかしあの場面で彼女はミスをし始めましたね。あの重要なポイントで、私は彼女にプレッシャーをかけました。それが試合の結果を変えました。2セットで勝てて嬉しかった、今日の私にとって重要なことです。

Q. There was a beautiful wave in the crowd at one stage and after another time also you laughed.
スタンドにきれいなウエーブが回りました、別の時にはあなたは笑ってましたよね。

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Well, it helped me because in those moments you have to wait a little bit, let things calm down and not be in a hurry. So it was good for me to wait. So it was useful for me.

But I felt a lot of emotion.
ええ、あれは助かるんです。少し待たなくちゃいけないし、落ち着けるし、急がずにいけるし。待つのはいいことなんです。だから私にとっては助かりますね。でも、いろんなエモーションで気持ちが一杯になります。

Q. You said you didn't sleep before a final. But do you sleep before doing your parachuting?
ファイナルの前は眠れなかったそうですけど、パラシュートする前の晩は寝られるの?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Yes, I sleep. Tomorrow I might jump.
ええ、寝れます。明日ジャンプするかもね。

Q. It's your fifth Grand Slam. Do you have the impression you opened a new door? Before it was two, three, now it's five.
5つ目のグランドスラムです、新たなドアが開けた感じですか?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: It's difficult to say. There are no rules. But five is becoming a big figure. When I started playing, people thought I had a lot of quality in tennis. People were saying, She's talented. But then they realized that physically I worked a lot and that I was strong mentally, so I changed a lot in a few years.

So maybe it's a revenge now, because many people thought I could do that in my career, and I did it now. It's very satisfying. But it's not an end. I'm going to continue to work and to give everything as I've been doing the past years. The major thing is health. During the first six months of the year, I proved it, although it's still difficult, but consistency is there. I'm able to play tournament after tournament.
難しいですね話すのは。何も決まりはないですけど、でも5つは大きな数です。私がプレイを始めたころ、私は多くのクオリティを持っている、才能はあると思われていました、でもそれから私がフィジカル面で大いに練習したこと、メンタル面が強くなったことを認めたと思います。この数年で私はずいぶん変わったんです。

Q. The results of a career, is it something you are thinking about? What is most important in women's tennis for you?
今後のキャリアでこれから考えることは? 女子テニスのなかであなたにとって一番重要なことは?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Some players did things that cannot be repeated. There were great champions. I wouldn't even dream of comparing myself to them. It's incredible winning so many Grand Slams. It just can inspire your respect.

As far as I'm concerned, I try to follow my path. Everyone has a different history. I try to give my best. Now my results are starting to be more numerous, and it's wonderful because it's been more than 20 years that I've been giving everything for that. I started playing tennis when I was five years old. Since then, my life depended on tennis and was guided by tennis, so it's important to know those big moments of happiness, and it gives you strength for the future.
偉大な選手たちがいます。私はまだ彼女らと自分を比べることすらできません。信じられないぐらいたくさんのグランドスラムを勝っている。尊敬の念を覚えます。
自分に関しては自分の道を行くのみです。みんな違う歴史があります。私はベストを尽くすだけです。私の戦績はこれからもっと豊富になっていくでしょう、二十年間すべてを懸けてきたことですから、それは素晴らしいことです。私は5歳からテニスを始めました、それから私の人生はテニス次第ですし、テニスによって導かれてきました。だからこういう幸せを得ることは素晴らしいし、それがまた将来に向けての力になってくれます。

Q. What is the most difficult thing in tennis? Isn't it to play the French Open and Wimbledon after?
フレンチオープンの後にウインブルドンを戦うことのもっとも難しい点は?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: I don't even want to think about it. It's very difficult. Not many players are able to do that.

But in Wimbledon, it's another story for me. I'm not as familiar with the surface as here. I'll see what I can do. I'm dreaming of winning Wimbledon one day. It would be the cherry on the cake. We'll see what the future will say. I have a few years ahead of me.
まだ考えたくないですけど。とても難しいです。
しかしウインブルドンは、私にとってまた別のストーリーです。ここほど馴染みのあるサーフェスではありません。様子を見ます。
いつかウインブルドンで優勝できることを夢に見ます。それは私にとってケーキの上のチェリーになるでしょう。

Q. You believe you can join all the major champions of the world? Which champion do you want to sit next to?
あなたは、世界のメジャー(偉大な)チャンピオンの仲間入りが出来ると信じていますか?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: I'm not thinking about that. I would like to win again the French Open, several times in the future. But the only thing that counts is working every day, daily work. Of course you need to have ambition, but you have to remain realistic. The daily work is very hard. I think very few people can realize that.

So I'm going to try to enjoy my tennis, to enjoy being on the court in good health, and we'll see what the future has for me. I have many years ahead of me, I hope.
そのことは考えていません。またフレンチで勝ちたいと思いますし、将来、何度でも。でも大切なことは日々のワーク、日々の積み重ねです。もちろん野心は必要ですが、現実も見なくてはいけません。日々の練習はとてもハードです。これが本当に分かっている人は、あんまりいないんじゃないかと思います。

Q. You dedicated part of your victory to Denis. Can we know who it is?
あなたはこの勝利をDenisに捧げましたが、どなたか説明してくれますか?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: No, it's something private. He was with me in difficult moments, and I wanted to say I was thinking about him today.
いえ、これはプライベートなことなので。彼は私が大変な時期に一緒にいてくれた人です。だから今日、私が彼のことを考えていたんだということを伝えておきたかったんです。

Q. All this work you've been achieving, do you feel that sometimes just a little thing can change everything, you don't have a hundred percent confidence?
今振り返って、時には小さなことがすべてを変えてしまうとか、100%自信があるとは言えないと感じますか?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Well, when you play the final, the opponent wants the same thing that you do and you can't give up for a second. The opponent wants the same thing that you want, so it's not simple.

Even Federer has doubts, and he's the greatest at the time, and certainly for a certain time still. But sometimes I can see him on the court not feeling good, and I'm sure he doesn't sleep well before big matches. There's no reason why it should be different for champions.
ファイナルでは相手も自分と同じものが欲しいわけで、一瞬たりとも気が抜けません。
フェデラーでさえ疑問(doubts)を持つと思います、もっとも最高の選手であってもですね。でも時々、彼がいい気分でコートに立っていないなと思う時があります。大きな試合の前の晩、よく眠れなかったに違いないと思います。チャンピオンだから違うなんてことはないんです。

Q. Do you have an explanation for why you didn't play your best tennis today or during this tournament?
今日の試合も、大会を通じても、あなたはベストテニスでなかったということだけど理由は何でしょうか?

JUSTINE HENIN-HARDENNE: Well, it's not really important now. It doesn't count. What people are going to remember is that I played well from the beginning to the end or that I won the French Opens. It's not important how.
あー、それはもう大したことではないんで、いいんですよ。人が覚えていることは私が最初から最後までいいプレイをしたこと、フレンチオープンを優勝したということです。いかに優勝したか、ではないですから。


ブログ用.jpg
おめでとうエナン。
posted by ochappa at 20:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

おめでとう2連覇!

Women's Singles - Finals
Justine Henin-Hardenne(BEL)(5)def Svetlana Kuznetsova(RUS)(8) 64 64

stats

Heninインタビュー

Kuznetsovaインタビュー

Henin-Hardenne Claims Third French Open Championship
By Adrianna Outlaw
Tennis Weekより

Henin shows mental superiority to refuel her Wimbledon dream
Guardianより

フレンチオープン2006は最高の最後を迎えました。
Bravo Justine,
本当におめでとうございます。
1995〜1996年シュティフィ・グラフ以来の連覇。そしてフレンチ3度の優勝はセレス、サンチェスに並び、エナンはこうした往年の大選手たちと肩を並べられたことを素直に喜んでいました。
インタビューによると、エナンは決勝前夜も眠れなかったようですね。それはノーマルなことだとエナンは言うのですが、しかし、やはり決勝戦で見たエナンの顔は、たしかに疲れがたまっていました。なんというか目の周りがクマっぽくて皺っぽくて。しかし表情はしっかりしていました。
さすがに記事がいろいろ出ていますが、私も寝不足たたりでほとんどチェックできていません。勝利の余韻に浸りながら、じわじわそろそろ読みたいです。

posted by ochappa at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

フレンチ決勝前夜

ドイツでワールドカップの開会式が行われている中、男子はフェデラーが決勝進出を決め、今ナダルが第3セットを戦っている最中。

■RGニュースより
Can Svetlana stop Queen Justine?

Like Hénin, she is a solid baseliner and while her forehand is stronger than her backhand, she is capable of sending down some exquisite drop shots using the latter. She is an accomplished volleyer, and perhaps the most interesting aspect to her tennis is that she is capable of changing her game plan mid-match in an attempt to throw her opponents off their rhythm.
エナンと同様に、スベトラーナはソリッドなベースライナーで、バックハンドよりフォアハンドが強く、ドロップショットもうまく使える。また完成されたボレーやーであり、試合の途中で、相手のリズムを狂わせる、ゲームプランを変えてくることができる。

プランA,プランB、さらにはプランC。エナンを倒すためにクズネツワに求められるのは、ゲームプランの引き出しの使い方だと、この記事は言っています。

■RGサイトより
クズのインタビュー

クズのインタビューは、とぼけた味があって面白い。
「ベルギーは好き?」などと聞かれて、「ホームカントリーみたいよ(笑い)」などと切り返している。昨年の初めにあった、自身のドーピング疑惑を揶揄してのことですね。あの低ーい声で、もさもさと嫌みなく答えていそうなクズ。
対エナン戦に関しては、自分にはプレッシャーはない、ジュスティーンの方が優勝候補だからと答えつつ、「エナンを倒すために新しい作戦はあるのか?」という質問に関しては、「I think so(smile)、でもここでは言えないわ、でしょ?」。

昨年のフレンチ4回戦で、エナンからマッチポイントを握りながら敗れたクズ。エナンはまたまた大きなチャレンジを受けることになります。明日も、すでに日本では今日ですが、またまたメンタルマッチになるのでしょう。

■France2より
エナンのSF後インタビュー
posted by ochappa at 01:30| Comment(18) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

エナン決勝へ!

フレンチオープン、セミファイナル
June 8, 2006 Singles - Semifinals
(5) Justine Henin-Hardenne (BEL) d. (2) Kim Clijsters (BEL) 63 62
(8) Svetlana Kuznetsova (RUS) d. (16) Nicole Vaidisova (CZE) 57 76(5) 62

予想も期待も見事に外した、エナンの完勝でした。今も信じられません、1時間と少々で終わってしまいました。

SFインタビュー


インタビューによると、、、
試合のキーは「試合序盤にあった」。エナンは始めのサービスゲームでも、次のサービスゲームでもブレイクポイントを握られたが、そこをいいサーブで凌いだ。それまで特別にいいプレイでも、いいサーブでもなかったが、とにかくブレイクポイントを凌いだ。これが大きかったのだ。そしてエナンに訪れた初めての第8ゲームのブレイクポイントを一発で決める。

そして、胃の調子はどうなの? と聞かれたエナン、「土曜日はどんな抗炎症剤もステロイドも飲みません。保証しますよ」と言っています^^
ほんとのところ、胃の調子はどうなのでしょうか?
昨日はちょっと寝不足っぽい顔に見えました。

とにかく決勝進出おめでとう!
こっちも寝不足だ!

posted by ochappa at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

QFインタビュー

■RGのオフィシャルサイトより
QFインタビュー

あまり眠れなくて、昨日は体調が万全ではなかったようです。

■EUROSPORTより バーバラ・シェットにインタビューされるエナン
http://www.eurosport.com/tennis/roland-garros/2006/mc_vid25901.shtml

「私もふつうの人間ですから」と言ってます^^ そりゃそーだよね。




→インタビューかいつまみ
posted by ochappa at 22:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エナン、ベルジャンセミへ!

フレンチオープン10日目、クオーターファイナル
(5) Justine Henin-Hardenne (BEL) d. (13) Anna-Lena Groenefeld (GER) 75 62

Singles - Quarterfinals
(8) Svetlana Kuznetsova (RUS) d. (14) Dinara Safina (RUS) 76(5) 60
(16) Nicole Vaidisova (CZE) d. (11) Venus Williams (USA) 67(5) 61 63
(2) Kim Clijsters (BEL) d. (12) Martina Hingis (SUI) 76(5) 61

というわけで、ベルジャン・セミファイナルが実現! 
キムも優勝候補の一人でしたから、このセミが実質上のファイナルだと思っています。二人が同じハーフに入った以上、仕方のないことです。エナンには2001年のリベンジ・セミとしてほしい。

■今日はスコアボード観戦。しかもヒンギス対キムの試合と同時進行でしたから、落ち着かないことこの上ない。しかもファーストセットはブレイクされスタートの02,ブレイクバックして43とするとも、またバックされて44と、かなり接戦模様でハラハラどきどき。スタッツを見る限り、グロエネフェルドはウイナーもエラーもダブルフォルトも多く、おそらくバンバンすべてを叩いていたのではないでしょうか。こういうタイプを、エナンは苦手というより、好きではないのだと思います。テニスしようよ、という感じで。
ただエナンはDFは3本あるものの(許容範囲)、ウイナー20,エラー19と、エラーの数を抑えてきました。

■キム対ヒンギスを第1セット途中から見ました。第1セット後半はヒンギスがよく走って球を拾って、切り返して、最後はネットで決めたりしていました。キムの豪打をかわすそのテニスに、エナンのテニスがかぶって見えました。いいテニスです。キムも粘られると打ち切れずにエラーをしていました。テレビの解説も言っていましたが、今年25歳でカムバックしたヒンギスと、来年24歳で引退すると明言しているキムが、グランドスラムで2度も連続して相まみえるという、なんだか不思議な邂逅を見る思いがしました。
しかし、第1セットのタイブレを落とし、第2セットになるとヒンギスの方に余力が残っていない感じでした。カバリング力の衰えたヒンギスに、キムのテニスが圧倒していました。やはり体力的に、ヒンギスに足りないものがあると感じた試合でした。

ベルジャン・セミ。エナンにはもっと体力があります。キムの左右振り回し豪打をどれだけ切り返せるか。振り回される前に攻めていけるか。そして、この二人の対戦の場合、メンタルが大きな要素になるでしょう。次の対戦、どちらがより決した気迫を以て臨むのか。勝敗を分けるのは、この一点のような気がします。
posted by ochappa at 01:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

眠たいエナンQFへ!

フレンチオープン4回戦。
(5) Justine Henin-Hardenne (BEL) d. (10) Anastasia Myskina (RUS) 61 64

センターコート第4試合。
第1試合のロブレド対アンチッチ、第3試合のモレスモ対バイディソワが長引き、試合開始は夜7時半ぐらいだったと思う。
この試合はサクサク進み、第2セット50としたところで50分足らず。しかし、この後エナンがスリープ状態に。
Reutersより
Open-Sleepy Henin-Hardenne darts into last eight

"I was getting sleepy a little bit. It was a bit dark at the end and I was happy I could finish today,"

"You feel the match is already over. So it was hard for me because I was feeling she was coming back. But I stayed very calm.
"MAybe some time ago I would have let myself be pushed to a third set but I'm rather delighted to have finished this way."
「少し眠くなってしまいました。暗くなり出していたので、今日試合が終えられてよかったです。」
セカンド50になってからは、
「もう試合が終わったような気になっていましたので、ミスキナがカムバックしてきたときは大変でしたが、平静さを保つことができました。以前でしたら、こういう場合、ときどき第3セットに持っていかれていたんですけど、こういう形で終えられてむしろ嬉しい」

などと話しております。エナンがよく使う単語ですが、sleepy。
試合の途中で眠くなるなよ〜!!^^!! 
エナンがどこかで言っていたように、「集中力の継続がエナンにとって今後最大の課題である」、それを地でいく試合展開でした。

ワウワウでライブで見ていましたが、第2セット途中から、コート上はだんだん薄暗くなってきました。島村アナも言っていましたが、エナンが4ゲーム連取されたところで、かなり薄暗くなっていました。コート上は完全に影になるので、テレビ画面で見るよりも暗いのです。

もし55になっていたら、サスペンデッドも考えられたのでは? しかし、切羽詰まってきたせいか、ラスト2ゲームはお互いのナイスショットが出て、エナンのスーパーミラクルショットも出てきて、会場も大いに盛り上がったのでした。あのまま61で終わっていたら、こんなエナンも見られなかったわけで、結果オーライです。

<フレンチオープン8日目結果>
(8) Svetlana Kuznetsova (RUS) d. (9) Francesca Schiavone (ITA) 16 64 64
(14) Dinara Safina (RUS) d. (4) Maria Sharapova (RUS) 75 26 75
(2) Kim Clijsters (BEL) d. (15) Daniela Hantuchova (SVK) 61 64
(11) Venus Williams (USA) d. (7) Patty Schnyder (SUI) 46 63 62
(13) Anna-Lena Groenefeld (GER) d. (32) Gisela Dulko (ARG) 63 64
(16) Nicole Vaidisova (CZE) d. (1) Amelie Mauresmo (FRA) 67(5) 61 62
Suspended by darkness: Peer vs. Hingis 36 62

というわけでモレスモーがバイディソワに破れました。これもテレビでライブで見ましたが、バイディソワがすごかった! ビーナスとのQFが楽しみだ。

QFは明日。相手はドイツのグロエネフェルド。初顔合わせです。

posted by ochappa at 18:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

3回戦64,60

フレンチオープン3回戦。
(5) Justine Henin-Hardenne (BEL) d. Tathiana Garbin (ITA) 64 60
エナン、タチアナ・ガルビンに一昨年の借りを返しました!
一年置き早期敗退の呪縛からこれで完全脱出。
いよいよセカンドウイークへ。
早いもので本日4回戦はセンターコート第4試合。相手はミスキナ。4回戦きっての好カードがここに。

3回戦インタビュー

上位シード、勝ち上がっています。キム、ミスキナ、ヒンギス、いずれも好調。でもデメが敗れました。マルチナ・ヒンギスのクオーター進出が開けてきました。

<フレンチオープン7日目気になる結果>
(10) Anastasia Myskina (RUS) d. (19) Ana Ivanovic (SCG) 62 63
(32) Gisela Dulko (ARG) d. Shenay Perry (USA) 61 61
(15) Daniela Hantuchova (SVK) d. (21) Nathalie Dechy (FRA) 63 36 108
(13) Anna-Lena Groenefeld (GER) d. (20) Maria Kirilenko (RUS) 62 76
(2) Kim Clijsters (BEL) d. (26) Anabel Medina Garrigues (ESP) 63 64
(31) Shahar Peer (ISR) d. (6) Elena Dementieva (RUS) 64 75
(11) Martina Hingis (SUI) d. Ivana Lisjak (CRO) 61 61

→インタビュー
posted by ochappa at 14:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

2回戦France2

フレンチオープンのメインテレビFrance2サイトより
1回戦
http://roland-garros.france2.fr/reportages-videos/?date=2006/05/30&id_article=16

2回戦
http://roland-garros.france2.fr/reportages-videos/?date=2006/06/1er&id_article=23

RGオフィシャルサイトにはインタビュービデオだけでスクリプトが載っていない。France2サイトのポスト2回戦インタビューでは、フランス語でなんだかわからないけれど、「今日の出来では誕生日のプレゼントはあげられない(もらえない)」みたいなことを言っている^^
しかしこのクリップを見てもそうだが、フランス語で話す時のエナンは本当に生き生きとしているし、よく笑うし(よく笑わされているし)、とてもかわいい。試合中と同じ格好をしているところを見ると試合直後なんだろうか。
昨日は24歳の誕生日。コート上で花束はもらわなかったのかしら。03年ではもらっていたけど(コート1,シュニーダー戦)、どうなの今年は? でも試合終了後、スタンドからハッピーバースディーの歌が贈られたらしい。よかったねエナン。

ワウワウでは昨夜、セカンドセット4-2からのゲームを放映。本当にあわや3セットという場面、相手の3つめのセットポイントをドロップショットで切り抜けてました。やってくれるなあ、ほんとに。

風邪、引かないでくださいね
captdcc940c3a17f46958e44c1b5f3.jpg
posted by ochappa at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

2回戦突破!

Justine Henin-Hardenne (BEL)[5] def Anastasiya Yakimova (BLR) 6-2 7-5

フレンチオープン2回戦。
ラスト3ゲームは勘弁してくれよのティピカル・エナンでした。
stats

セカンドセットはいきなりブレイクされて0-2スタート。しかしブ2レイクバックで4-2とリード。ところが、またそこから2ブレイクを許し4-5。そして0-40の3セットポイント。やられたか〜と思ったところから、5ポイント連取でブレイク、続く第11ゲームをラブで取って6-5。第12ゲームは15-40からの一気にマッチポイントで取りました。
はあ〜。セカンド4−2としたあたりでワウワウの放送が終わり、あとはスコアボードでまったりと思っていたら、とんでもないことこの上ない。ハラハラしました。

今日は午前中は青空だったようですが、エナンの試合開始早々に雨が降り出し、しかし続行されまして、エナンはやりにくそうだった。ファーストが終わった後、そそくさとコートを走り出るので、あれ? と思っていたら、手に長袖のシャツを持ってました。すぐに長袖に着替えて登場! 初めて見ました、長袖エナン。

中断される程ではないものの雨は降り続け、コートは相当に重くなっていたようです。球が重そうで、相手もそうですが、エナンの球も飛ばない感じ。サーブも威力が半減という感じ。明らかに持ち上がりきらずにネットにかかる球、多し。というだけではないでしょうが、エラーの数43。ウイナー25。という数が示すように、かなり粗い内容ではありました。
RGオフィシャルのラジオを聞いていたら、セカンドセットのヤキモワのセットポイントでワーッと会場が沸いていました。そこからエナンのスーパーなショットが出たようです。あー、肝心なところが見られなかった! 

posted by ochappa at 23:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

フレンチ初戦長袖突破!

Akiko Morigami (JPN) d. (3) Nadia Petrova (RUS) 62 62
(5) Justine Henin-Hardenne (BEL) d. Maret Ani (EST) 63 60

フレンチ初戦は無事突破。
昨日は気温が14度ぐらい、風も強く、雨もぱらつくという悪条件の中での試合でした。あんまり寒かったので、エナンは長袖で登場しました。
驚きましたね、練習中かと思いましたこの写真。

capt.vm15705301600.france_frenc

そしてアップセット! ペトロワが森上に破れました。
土曜日の練習中に左脚の太腿を痛めたようです。「テーピングして何とかなると思って臨んだけれど、第1セットが終わった時に今日は勝てないと思った」、と言っています。昨夜急きょワウワウで録画放映された試合を見ましたが、ペトロワは第1セットが終わった後、ベンチにも座らず、コートの端でずっとうつむいていたのでした。あのとき悟ったのでしょうか。
しかし優勝候補の一角だったペトロワの、大会直前にこんなアクシデントがあったとは露知らず。(WTAボードでもそんな情報は見かけなかった・・)
エナンファンとしては複雑です。クオーターでのリベンジ試合を楽しみにしていたので。大会の盛り上がり的にも気になります。

エナンも昨日の試合中、右の足首を少々捻っています。これはベルリンの大会(たぶん2回戦)で痛めたものです。大したことはないということで、昨日はテーピングもしないでプレイしたそうですが、ちゃんとテープしてくれよ〜。

1回戦エナンinterview

<その他気になる結果>
(10) Anastasia Myskina (RUS) d. Sania Mirza (IND) 64 61
(12) Martina Hingis (SUI) d. Lisa Raymond (USA) 62 62
Tathiana Garbin (ITA) d. (30) Klara Koukalova (CZE) 26 64 61
Shenay Perry (USA) d. Shinobu Asagoe (JPN) 63 61

ガルビン勝ってます。
浅越に勝ったペリーさん、気になります。

→インタビュー
posted by ochappa at 15:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

google picups

Martina makes great story, but Justine has makings of champ
May 25, 2006 By Joel Drucker
CBS

Where are the Americans in the French Open
Posted on Fri, May. 26, 2006
The Muccury News
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
google のフレンチオープンで検索すると、フェデラーとナダルのヒットが、とにかくすごい。それからモレスモの名前が並び、次にヒンギス。かくのごとく、今年は男子はフェデラーとナダル以外に語られる選手はない。女子の部では、モレスモにかけられた期待は例年の比ではない。そして気の早い連中はヒンギスの優勝を口にする。だいたいどの記事でも、エナンはその対抗馬というか強敵として位置づけられている。ま、世界のメディアの取り上げ方もだいたいワウワウと同じということですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、エナンの初戦は5/30の火曜日と決まった。
相手はエストニアのMaret Ani、世界ランク63。初顔合わせです。

posted by ochappa at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

about this girl

■Countdown to the French Open: Henin-Hardenne the grand dame
she talked to Paul Newman
Published: 27 May 2006
THE INDEPENDENT

Such a style, however, places huge demands on the body and Henin-Hardenne agrees that she could help herself by shortening rallies. "That's what my coach dreams about," she smiled.
>>>>ハードなプレイスタイルゆえ、ラリーを短くすることが彼女の身体にとって良策であることをエナンは認めている。「それがコーチが夢見ていることなのよね」と(スマイル)。
<<<<<<<!! スマイルしてないで、ぜひそうしてくれよ! と思いますが。

Admitting that the pressures of a Grand Slam tournament keep her awake at night, Henin-Hardenne also acknowledges that she needs to loosen up.
"It's a tough life, with all the attention focused on you, and you can lose a lot of energy just thinking about the pressure," she said. "When you look at Lindsay Davenport I think you see the benefits that you can gain from being that bit more relaxed. She's 29 and is very cool and very quiet. I think that's why she's been able to stay at the top for so long. I like to think that's the way that I'll develop, though that's maybe something for the future."
>>>グランドスラムのプレッシャーについて。「ダベンポートを見ると、経験から得られるものがわかります。彼女は29歳、とてもクールで落ち着いています。それが彼女が長いことトップにいられる理由だと思います。私もああいうふうに進化したい、おそらく将来的に、と思います。」
>>>>>>ダベンポートについて試合以外のことを話しているのを見るのは初めて。エナンも認めるベテランリンジー。素晴らしい存在なのですねやはり。

■■The Lonely Life of Justine Henin-Hardenne
By Joel Drucker
TENNIS MAGAZINE

<<<エナンの人となりや家族問題、過去の数々のモメゴト^^について、多少不正確な部分もあるが、ザザッとザッピングしたかなり長い記事になっている。この記事でも明らかなように、今回のフレンチは、前回のAO決勝リタイアというdefault抜きには語れない大会なのだな、と思います。
>>>As a former employee of one of her management firms says, “With Justine everything is straight from the heart, exactly the way she sees and feels it. She’s not trying to win any popularity contests. She’s trying to win tennis matches.”
以前エナンのマネジメントをしていた人の話。「ジュスティンはなんでも自分が思った通りに、感じた通りにストレートにする。彼女は人気コンテストに勝とうなんてしない。テニスの試合に勝とうとしている」>>>わらわら。

<関連サイト>
http://roland-garros.france3.fr/
http://www.lequipe.fr/Tennis/HOME_RG_2006.html



posted by ochappa at 18:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレンチドロウ!

出ました!

Women's Singles Draws
今年はなんだか早かったようで、夕方6時頃からぼちぼち出ていたようですね。ディフェンディングチャンピオンのナダルが女子のシード組み合わせを引き、エナンが男子の方を引きました。

↓16シードのドロウ↓
■TOP HALF
(1) Amelie Mauresmo FRA
(16) Nicole Vaidisova CZE
-------------- 
(11) Venus Williams USA
(7) Patty Schnyder SUI
-------------------
(4) Maria Sharapova
(14) Dinara Safina RUS
---------------
(9) Francesca Schiavone ITA
(8) Svetlana Kuznetsova RUS

■BOTTOM HALF
(5) Justine Henin-Hardenne BEL vs Maret Ani EST
(10) Anastasia Myskina RUS
---------------
(13) Anna-Lena Gr嗜efeld GER
(3) Nadia Petrova RUS
-------------------
(6) Elena Dementieva RUS
(12) Martina Hingis SUI
---------------
(15) Daniela Hantuchova SVK
(2) Kim Clijsters BEL

■□■

予想された通り、ピアスが欠場。よってクズが第8シードに繰り上がったのはいいのですが、エナンが見事に引きました! ペトロワ山。
今大会、優勝候補と言われるこの二人がクオーターで当たってしまうとは。いつもタフなドロウを引くエナンですから、こんなことになるんじゃないか〜と秘かな予感がありました^^ この二人に加え、キム、デメ、ヒンギスも入ったボトムの方が比較的タフなわけですが、まあ今回は均衡の取れたドロウではないかと思います。ちなみにコンピューターがドロウ引いたんだってね! 何というソフトなんだろう?

エナンは順当に行けば4回戦でミスキナ、クオーターでペトロワ、セミでキム。しかし4回戦までは面白い相手ではなく、ワウワウの放送枠が心配だ。日本人選手も森上、浅越といるのだが、いずれもペトロワの方でこれは残念。逆だったらよかったのに!

しかし、よく見たら、エナンの6つ下のドロウにはタチアナ・ガルビンがいるじゃないですか! 忘れもしない2004年の2回戦、エナンがまさかのよもやの敗戦を喫した相手です。うまくすれば今度は3回戦で当たります。ぜひ当たってほしいものです。

その他楽しみなカードは、4回戦で当たりそうなヒンギス対デメ、そして、ヒンギスが勝てば、クオーターでキム。今年はうれしいことにリベンジ合戦が盛んなだけに期待できる。うーん、やっぱり注目はボトムハーフだな!

日曜日のスケジュールがもう出ていて、これによると男女ともトップハーフから始まる。去年は覚えていないが、04年はエナンがディフェンディングチャンプとしてセンターコートのオープニングマッチに登場したのだが、今年はまた違うわけね。例年の慣行というものではないのか。よくわからないローランギャロス。

















posted by ochappa at 01:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 2006Roland Garros | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。