2011年02月23日

記者会見意訳

2月14日に行われた記者会見の内容を、英語のニュースサイトの記事から意訳。

Henin 'in mourning' after injury forces retirement(AFP)

>>"I regard ending my career more like a sentence that's been handed down than a decision I've made,"
"I've had to deal with a lot of injuries throughout my career but this time, at 29, I just can't go on."

"You have to be reasonable about things. When I came back from Australia, I had consultations with three different doctors," she added.
"The will is there, but physically I can't do it."

She added: "It got to the point that I needed 10 minutes in the morning just to get my elbow functional.

"The ligament wasn't solid enough to handle the intensity of the game. For me, it's like a sentence. Now I have to mourn the end of my career."

<<「キャリアの終わりは、私の決断というより、抗えない判決によるものです。」
a sentence that's been handed downという意味がいまいち掴めないが、sentenceには判決、処罰、有罪判決という意味がある。ドクターからの肘のNG診断を有罪判決=致命的な宣告と言っているのだろう。
「キャリアを通してたくさんの怪我を何とかしてきた。でも今回、私は29才、続けられない」
「オーストラリアから戻って、3人の医者に診せた。」「靱帯は、試合に耐えるものではなかった。それは私にとって、それは有罪判決のようなものだった。だから私はキャリアの終わりを嘆き悲しまなくてはならない」
「(テニスを続ける)意志はある、でもフィジカルの理由で、それができない」
「朝、肘が動かせるようになるまで10分かかる」

>>Henin admits her priority is to now lead as normal a life as possible.
"I'm going to miss all the great feelings you have as a professional tennis player. I hope I'll pick the racquet up again one day, but more than anything I want to live a normal life."
<<「プロテニスプレーヤーとして味わった素晴らしいフィーリングを私は恋しく思うでしょう。いつかまたラケットを握ることができたらと願う。でも今は何よりも、普通に生活できることを願っています」

>>Faced with doping rumours following her first retirement, Henin says she has nothing to hide.
"That hurts me, and all the people who have been part of my entourage. I can't accept that, nor will I forget or forgive. I have never cheated," she added.
<<前回の引退時に、理由はドーピングではないかという噂が流れたことについて。
「私も、私の仲間も傷つけられました。受け入れがたいことです。私は忘れもしないし、許しもしません。私は断じて嘘をついていないのですから」

どうやら今回の引退に関しても、ベルギーのメディアにドーピングの噂が流れたらしい。エナンはこの引退会見の冒頭で、「ドーピングの噂をした記者は、今すぐこの部屋から出て行ってください」と断固とした調子で言い渡した。もちろん、席を立つ記者はひとりもいなかったと、この記事は書いている。

Henin ponders surgery on elbow that ended her career(Reuters)
By Robert-Jan Bartunek BRUSSELS | Mon Feb 14, 2011 7:29pm GMT

>>Henin said her elbow problem was complicated and may need surgery even if she did not return to the game.
"I hope I will be able to live normally, without surgery. In a few months I will have to make a decision on that," she told a news conference in a Brussels restaurant on Monday.

"When I came back from Australia things were much worse than after the fall in Wimbledon in July," she said, referring to the tumble in the fourth-round defeat by compatriot Kim Clijsters at Wimbledon, the only grand slam title to have eluded her.
"I injured the tendon, the ligament and the nerve. It's quite a complicated case."
<<「手術をせずに普通に暮らせることを願っています。それについては、この数ヶ月で結論を出さないといけないでしょう」
「オーストラリアから戻った時、肘はウインブルドンで転倒した後よりも悪くなっていた。私の肘は腱、靱帯、神経にわたる、とても複雑な状態になっている」
ということで、手術を受けるかどうかは未定。

After retirement, it's a clutch semifinal that sticks in Henin's mind, not 7 Grand Slam titles(CANADIAN PRESS)

>>It was a match against French Open champion Anastasia Myskina of Russia at the 2004 Olympics.
"I was coming back from nowhere, down 5-1, and playing for the country, Olympic Games," the 28-year-old Henin said Monday, two weeks after announcing her sudden retirement because of an injured elbow, when asked to pick the match of her career.
After nearly three hours, she beat Myskina 7-5, 5-7, 8-6 and it perfectly showed what all had come to love in the Belgian − her never-give-up attitude.
She won the gold medal, too.
<<心に残る試合はと聞かれたエナンが挙げた試合は、2004年アテネオリンピックのセミファイナル、ミスキナ戦だ。
「私はどこからでも逆転してきた。1-5ダウンでも、国のためにプレイした」
3時間近くに及ぶ熱戦。ファイナルセット、2ブレイクダウンからの逆転勝ちだった。

>>"There is a physical limit. There is a lot of damage," Henin said. "Only surgery would give me a small chance."
This time, her mind is clear.
"It hasn't been my best, but I did try and I have no regrets," she said.
<<「フィジカルの限界です。ダメージが大きすぎます。手術しても、(治る)望みは小さいのです」
「100%の状態でないことはわかっていた。でも私はベストを尽くし、何も後悔はしていません」


■グーグル翻訳にかけたLe soir の記事。原文のみ記載。誤訳も多いと思います・・。

Henin : ≪ J’espère un jour retaper dans une balle ≫
lundi 14 février 2011, 17:03
「いつの日かボールが打てるようにと願う」

≪ Ma nouvelle vie peut commencer ≫, a déclaré Justine Henin lors de sa conférence de presse. Et d’ajouter : ≪ Ce qui va me manquer, la liberté qu’on a sur un terrain de tennis quand vous êtes au maximum. ≫
新しい人生が始まります。ベストを尽くしたテニスコートの上で感じた自由を、私は恋しく思い出すことでしょう。

§≪ J’ai voulu prendre le dessus sur mon physique ≫
"I wanted to take over my body"

Je n’ai aucun regret, même si j’avais mal, je voulais vraiment revenir. J’ai beaucoup travaillé pour ça. L’amélioration n’est jamais venue. Je ne me suis pas menti, mais en revenant d’Australie, j’ai compris… J’ai consulté trois médecins, tous avaient le même avis. Je déteste abandonner, j’ai voulu prendre le dessus sur mon physique, même à la Hopman Cup, je n’étais pas au top, je le savais très bien.

Je n’ai pas de regret de ne pas avoir fait d’opération en juillet. Le ligament a cicatrisé, mais il n’était plus assez fort pour supporter ce niveau. Tous les médecins avaient d’ailleurs déconseillé l’opération…

Maintenant, il y aura peut-être une opération dans quelques mois, mais pour l’instant, j’attends de voir…

J’espère pouvoir retaper dans une balle un jour. Mais ce n’est pas sûr… J’espère surtout pouvoir vivre normalement, c’est tout ce que je demande.

私は後悔していません。怪我をしても、本当に復帰したかった。努力しました。でも、回復しませんでした。私は嘘はつきません、オーストラリアから戻って、私は認めなくてはなりませんでした・・・3人の医者に診せましたが、みな同じ意見でした。私はあきらめるのが嫌でした。フィジカルを乗り越えて、ホップマンカップの時もベストではなく、でもそれは私にもよくわかっていたことです。
私は7月に手術をしなかったことを後悔していません。靱帯の傷は癒えました。でもこのレベルに耐えるだけの強さまではなかった。医者はみな手術を勧めませんでした。
今後数ヶ月の間で手術を受けるかもしれません。でも今はまだわかりません。いつの日かまたボールを打てる日が来るよう願っています。でもそれはまだ・・・私が求めているのは、ただ普通に生活できることだけです。

§Sur Limelette : ≪ Lamentable les rumeurs ≫
On Limelette: "Terrible rumors"
リムレットについての、とんでもない噂

Je suis toujours présente à Limelette. D’ailleurs, je trouve ça lamentable les rumeurs, encore ce matin… L’académie ne s’est jamais aussi bien portée. Je suis très heureuse de pouvoir transmettre mon expérience aux jeunes. Ca fait évidemment partie de mes projets. Pour le reste, c’est encore trop tôt pour imaginer l’avenir mais je suis positive.

Je n’ai pas envisagé de tourner le dos au tennis. Ca m’a apporté trop de choses. Tout n’a pas été simple et il y a eu des moments très durs, mais pour ce qu’il m’a donné, j’ai envie de continuer, ça reste en moi.

私はいつもリムレット(エナンのアカデミーがある所)にいます。今朝もまたリムレットに関する噂を耳にしました・・・アカデミーの経営がうまくいっていないという・・。私は若い人たちに自分の経験を伝えていくことを大変喜びを感じています。これは間違いなく、私のプロジェクトのひとつです。この先のことを予想するのはまだ早いですが、私はポジティブに考えています。

私はテニスに復帰することは考えていません。それはツーマッチなこと。すべてがいつもスムースに行ったわけではなく、辛い時もあったけれど、テニスが私に与えてくれたもの、それはずっと私の人生に生き続けるでしょう。

§≪ Peu de gens connaissent la vraie Justine ≫
本当のジュスティーヌを知っている人はほとんどいない

Je n’ai pas vraiment de regret par rapport à ma carrière. J’ai toujours été authentique. Je peux me retourner en me disant, j’ai donné le meilleur. Je souhaite que les gens retiennent de moi mon authenticité, c’est tout ce que je demande.

J’ai toujours été moi-même. Peut être que peu de gens connaissent la vraie Justine. Je ne retiendrai pas les messages de ceux qui écrivent des méchancetés sous des pseudos dans des forums.

私は自分のキャリアに何の後悔もしていません。私はいつも正しい道を歩んできました。私は自分に言うことができます、私はベストを尽くしたと。私はみなさんに、私の真正さを覚えていてほしいと願います。私の願うことは、それだけです。
私はいつも私自身でいました。たぶん、本当のジュスティーヌを知る人はわずかでしょう。私は、意地の悪い嘘を書く人のメッセージは受け取りません(*?)。

§Le dopage : ≪ Ca m'a beaucoup blessé ≫
Doping: "It hurt me a lot"
ドーピングの噂。それは私を傷つけた

Ce qui me fait mal, c’est tout ce que j’ai entendu à propos du dopage. Ça m’a beaucoup blessé. Ca je ne peux pas oublier. Pas pardonner. Aujourd’hui, il y a une limite physique qui est là. Ca ne sert a rien de chercher d’autres raisons…

(NDLR : au début de la conférence de presse, Justine Henin a d’ailleurs demandé aux journalistes ≪ qui avaient lancé les rumeurs de dopage de se lever et s’en aller ≫. Bien entendu, personne n’a bronché…)

ドーピングの噂を聞くにつけ、私は深く傷つきました。私は決して忘れません。許しもしません。今日、身体的な限界があるばかりです。他の理由を探すのは無意味です。

§≪ Je n'ai pas peur de l'avenir ≫
"I'm not afraid of the future"
私は将来を恐れていない

Elle évoque ses autres projets, l’Unicef, son amour des artistes, etc. Je vais penser à moi aussi. Je n’ai pas peur de l’avenir. Peut-être m’investir dans le sport belge en général, mais il n’y a rien de concret.

Parfois, c’est bon de ne rien faire. Je m’occupe de ma maison, je vais au club, etc. Aujourd’hui j’accepte de me laisser vivre. Je suis plus épanouie, j’ai réussi à faire le deuil de pas mal de choses. Ma nouvelle vie peut commencer. Même si beaucoup de choses vont me manquer…

将来のことは案じていません。おそらくベルギーのスポーツに何らか関わっていくでしょう。でもまだ何も決まっていません。

時には、何もしないというのもいいことでしょう。私は自分の家を買いましたし、クラブにも行きます。今は人生にまかせたいと思います。私は翼を広げることも、悲しむこともできる。新しい人生が始まるのです。多くのことが恋しく思い出されるでしょうけれど。

§≪ Carlos, lui, il est sur le terrain ≫
"Carlos, he is on the ground"
カルロス、彼は現場にいる。

On reste très proche avec Carlos. Lui, maintenant, il est toujours sur le terrain, il entraîne des jeunes. J’aurai peut-être un rôle à ses côtés. Je ne vois pas coach, je ne pense pas avoir la vision technique pour ça. Mais je ne compte pas lâcher le tennis pour autant.

Ca a été dur pour Carlos, aussi, mon départ. Mais il est resté solidaire.

カルロスとは今もとてもいい関係です。彼は今も現場にいて、若者たちを指導しています。私はたぶん彼の手伝いができるでしょう。コーチはしません。私には専門的なビジョンはありません。でもテニスから離れることはないでしょう。

カルロスにとっても、私の引退は辛いことでした。でも彼はずっとサポートしてくれています。

§Félicitations à Kim Cljjsters
Congratulations to Kim Cljjsters
キムへの祝福

Si j’ai décidé de faire cette conférence ce lundi, ça n’a évidemment rien à voir avec le fait que Kim soit devenue numéro un mondiale… D’ailleurs, je félicite Kim pour tout ce qu’elle fait.

この月曜日に記者会見を開くと決めたのは、キムがナンバー1になったこととまったく関係ありません。ただ、キムが成し遂げたことは祝福しています。

§≪ Je ne zappe pas devant le tennis ≫
"I do not zap to tennis"
私はテニスをから離れない

Je ne zappe pas devant le tennis. Contrairement à mon premier arrêt de carrière, où j’avais besoin de faire un break avec le tennis, je me sens prête, aujourd’hui, à ce que ça fasse encore partie de ma vie.

D’ailleurs, je dois arrêter contrainte par un problème physique, mais pas par manque d’envie. Je n’avais plus confiance parce que physiquement, j’étais trop courte, c’est vrai, mais j’ai eu du plaisir, même si c’était très dur.

À Wimbledon, à Miami, en Australie… Il y a eu du plaisir, mais je ne me suis jamais sentie en pleine possession de mes moyens.

私はテニスから離れるつもりはありません。初めの引退の時と違って、あの時はテニスから離れる得必要がありましたが、今はテニスは私の人生の一部であると感じています。

フィジカルの問題でテニスをやめることになったのであって、熱意がなくなったわけではありませんでした。私はフィジカルには、より自信を持っていました。私は身長が低いけれど、でも本当です、楽しかった、それはとてもハードだったけれど。

ウインブルドン、マイアミ、オーストラリア・・・、楽しい思い出があります。すべてを得る力はありませんでしたけど。

§Aucun mot des grandes championnes
No words of the great champions
チャンピオンたちからのメッセージはない

Je n’ai pas reçu de message de sympathie de grandes championnes du circuit ou d’autres sportifs. C’est un monde ou il y a beaucoup de concurrence. Alors ce n’est pas facile d’avoir des relations. Mais l’équipe de Fed Cup, dont notamment Kirsten Flipkens, m’a témoigné beaucoup de sympathie.

私はほかのチャンピオンやアスリートたちから何も同情するメッセージは受け取っていません。競争の世界ですから、人間関係を築くのは難しいのです。ただフェドカップの時、チームのクリステン・フリプケンスだけは、とても温かい言葉をかけてくれました。

§≪ J’étais fort libre ≫"I was very free"
"I was very free"
私はとても自由だった

Ce qui va me manquer, c’est la liberté qu’on a sur un terrain de tennis quand vous êtes au maximum. Que vous faites ce que vous voulez de la balle, avec justesse, avec précisions. Ce sont des moments de libertés. Malgré la pression, j’étais fort libre, quand je sentais que je mettais la balle où je voulais. C’était un sentiment de liberté de faire ça et de pouvoir offrir ça aux autres…

私はテニスコートの上で最大限を尽くした時に感じた、あの自由な気持ちを恋しく思うでしょう。ボールを適切に、正確に打ち込むこと、それはまさに自由の瞬間でした。プレッシャーがかかっていても、自分が打ちたい所に打ち込む時、私はとても自由でした。その自由の感覚が、また次に向かっているのです(*?)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なるべく忠実に訳そうと思い、フランス語の辞書も引きながらやってみたが、やはりわからない文が多い。最後の一文も意味不明。少しでもエナンの言葉を理解したい、だが、語学力が・・。
引退会見前に、またぞろドーピングじゃないかとか、クラブの経営難だとか、鬱陶しい噂が流れたようだ。有名人税といえばそれまでだが、傷に塩を塗り込むような話ではないか。

最後のセンテンスに胸を打たれる。liberteはグーグルでfreeと訳されているが、これはもっと解放された気分とか昂揚感を含んだ言葉ではないかと思う。「自分の打ちたい所に、思い通りに、正確にボールを打ち込む時、私は幸せだった」と。そう思うのは、私自身がエナンのラケットから放たれたそのボールに胸とどろかせ、得も言えぬ昂揚感を覚えたからだ。私は以前バスケをやっていたが、シュートがゴールのリングを抜ける時の、スッとする感覚を覚えている。あれをひと言で何と表現するのか。スッキリ感、やったぜ感、快感と言えばいいのか。とにかく、エナンのショットに感じたあの興奮は、あの得も言えぬ感じに似ているのかもと今、思う。
manquerは、missと訳される。だが、manquerにはもっと切実な欠乏感、喪失のニュアンスがこもっているように思う。「失われたコート上のliberteを恋しく思い出すでしょう」。そんなふうに読める。

記者会見内容をひと通り集めて訳してみたが、寂しいことに変わりはなかった。エナンの辛さが行間に滲み、溢れ出ている。なんてこった。
エナンが恋しい。なんでこんな引退なんだ。だめだ、ぜんぜん呑み込めない。
posted by ochappa at 23:47| Comment(9) | TrackBack(0) | 2011〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スポイラ Bruce Jenkinsさんの記事

So many reasons to lament the retirement of Justine Henin
http://sportsillustrated.cnn.com/2011/writers/bruce_jenkins/02/22/justine.henin/
Posted by ochappa at 2011年02月24日 00:25
ochappaさん、翻訳ありがとうございました。
うぅ、エナン(涙)。。何と言っていいのか。。
そうですか、、手術するかについては、
結構悩ましい問題のようですね。。
とにかく、最良の判断ができることを祈っています。
でもんー、今さらですが、、
オーストラリアで頑張ったのが、再度肘を壊した原因なら、
もう少し慎重に復帰して欲しかったです。。
ま、今となっては、仕方ないのですが(しつこい)。。
エナンの「テニス」への思いがあるのは、確かのようなので、
今後のテニス関連の活動&活躍のニュースを待ちたいです☆
ochappaさん、その時は、みんなと一緒に喜びましょう!
Posted by 51sep at 2011年02月24日 20:40
ずっと書込できないでいました。引退会見でエナンの深い悲しみをより感じてしまい、どうにもやり切れなくて・・・。エナンを思い出すたびにまだまだ辛いです。吹っ切れなくて困ったもんだ。
今の医学をもってしても治せないような肘の故障で一気に幕引き、こんなことになろうとは。エナンは繊細な人ですね。そんでもって、精一杯気張ってて、強いけれどガラス細工みたい。最初の引退がなければもう少し違っていたかしら・・。けれど、それを考えることも思うことも間違いですよね。
年齢なんか気にしないで、またラケット握れるようになったら、奇跡の復活遂げて欲しいな・・。
なんて、馬鹿な夢を見るアホ者は私だけですよね。とにかく早く肘を治して下さい。私もエナンが恋しくて仕方ないです。
Posted by にゃおねこ at 2011年02月24日 23:52
吹っ切れなくていいですよね^^
エナンのニュースはしばらくないかもしれませんが私もまだ書きたいことがあるので、当分、このブログは続けます。、
Posted by ochappa at 2011年02月25日 21:58
エナンがテレビ出演した時の英訳があります。
すごい情報量で、今だから言える的な発言もいっぱい。でもちょいと辛い。

http://communities.canada.com/montrealgazette/blogs/opencourt/archive/2011/02/24/justine-spills-her-guts.aspx
Posted by ochappa at 2011年02月26日 23:24
ochappaさん、いつもながらの素晴らしいお仕事、ありがとうございます。

このテレビ出演の英訳、今ようやく読み終えましたが、あまりにもいろんな思いが交錯しすぎてなんとコメントして良いかわかりません。所々泣きたくなります。これをアップして訳すだけでかなりの仕事と思われますが、きっとやってくださるのでしょう。

Bruce Jenkinsさんの記事も感動的です。最後の文、"So to see Justine... is like watching a rainbow."に打たれました。ローリングストーンズのShe's a Rainbowという曲を聴いた時これがなんとなく私の中でエナンのイメージソングになっていました。歌詞カードを見たらかなり他愛のない歌詞でしたが。

虹は美しいけれどふと目をそらしている間に消えてなくなってしまいますね。(涙)本当にもう見ることができないのかなあ。
Posted by アルパカ at 2011年02月27日 02:04
^^ローリングストーンズのShe's a Rainbow いいですね! 儚い虹。エナンは私が見始めた頃から、どこか儚げなところがある選手でした。ストーンズでいうと、私にとってはShe's my little rock 'n' roll かな。歌詞はエナンと何の関係もありませんが、エナンのプレイ、私の目にはロケンロールでした^^

テレビ番組の英訳は、訳すのが難しいと思います。原文とニュアンスが違っている部分も多々あると思うんですね。微妙で繊細な話なので、これで和訳するのはどーかなーと。まずはきちんと読んで理解したいと思います。

Posted by ochappa at 2011年02月27日 22:27
BELGIUM vs SPAIN March 4, 2011
エナンはベルギーのボイズを終えんしていましたよ!
BELGIUM vs SPAIN (Greeny)
2011-03-05 16:19:26
^^ Yes, Justine cheered on her friends on the Belgium Davis Cup team. She was also interviewed on tv and gave her preview of the matches.
http://img59.imageshack.us/img59/1299/justinedaviscupmar2011l.jpg
MARCH 4, 2011
Davis Cup

http://www.mediafire.com/?7t7vdapls86076u
Posted by Greeny at 2011年03月05日 16:21
↑サンキュー! 
スペインに負けちゃったけどね!
Posted by ochappa at 2011年03月06日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186772858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。