2011年01月20日

AOカルロスのインタビュー

The inner circle: Rodriguez on Henin
Wednesday, 19 January, 2011

"To a certain extent, she is ready for this fortnight, although there are still some unknown parameters as far as the injury is concerned. But I am encouraged by the fact that this morning, after having played her tough three-setter yesterday, she is feeling fine. But we have to be realistic, there is still a lot to accomplish for Justine to recover her full confidence, and play up to her potential. Yesterday she had a tough match and, without playing well, she negotiated the situation well to come back and win. As we know Justine, it is certain that during the course of the tournament, she is well capable of changing things, and raising her level. The main thing to focus on is for Justine to make the best of the next couple of years. This being said, she is competitive, and we have high ambitions for this event, that's certain."

CR ジュスティンはこの2週間の準備はできている、もっとも怪我に関してはいくつか予断を許さない面はあるが。しかし今朝の試合(2回戦)で私は勇気づけられた。昨日、3セッターのタフマッチの後、彼女のフィーリングはよかった。現実的には、ジュスティンが完全に自信を取り戻すし、彼女のポテンシャルを上げるためには、まだ多くのやらなくてはならいことがある。昨日、彼女のプレイはよくないかったが、タフマッチを戦い、その状況を上手くやりくりして逆転勝ちした。私の知っているジュスティンは、トーナメントを戦うなかで、物事を変えて、レベルアップしていくことができる選手だ。もっとも集中すべきことは、ジュスティンがこの先数年、ベストの状態で戦えることだ。言われているように彼女は負けず嫌いだし、この大会にも高い望みを持っている、たしかに。

"As of now, the difference between what she is producing on the practice court and what we saw yesterday is huge. During practice she is capable of attacking, and always going forward, her shots are more powerful, while we saw her yesterday only coming to the net 10 times in more than 160 points played. This is far too little. You know, Justine is very excited to compete again. She made some necessary changes in her staff, whether it the physical trainer, the physio, the doctor. Today, she is playing for herself whereas before there was a lot of unnecessary distractions around her. In this respect, I don't think that the injury appeared by chance. Today, her task is to find the right balance between her organization outside the court, and her performance on court. She is on the right track."

CR 彼女が練習コートでできることと昨日見たことの違いは大きい。練習では彼女はアタックして、前に行って、もっとパワフルなショットが打てる。だが昨日、彼女がネットに行ったのは160ポイント以上やった中で10回しかない。少なすぎる。ジュスティンは再び戦えることにとてもエキサイトしている。彼女は必要と思える変更をした。フィジカルトレイナー、フィジオ、ドクター。彼女は多くの不必要なディストラクションがあるゆえに、彼女のためにプレイした(←?訳せない) 私はこの怪我が偶然、出てきたとは思わない。
今日、彼女の仕事は、コート外のこととコート上のパフォーマンスの正しいバランスをみいだすことだ。彼女は正しい道を歩んでいる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コーチの記者会見がアップされるのは珍しいことかと思いますが、どうでしょう。
写真を見ると横にエナンが座っているので、2回戦のポストマッチインタビューで、同時に行われたのかもしれません。
「練習中はもっといいんだ」と言っているので(コーチがこんなこと言うのもほほえましいというか)、まだエナンの試合勘が戻っていないらしいーということはわかります。半年ぶりの公式戦だから当たり前か?
 
明日は3回戦。相手はクズ。会場はロッドレーバー・アリーナ。第2試合。
久しぶりにテレビで動くエナンが見られると、今からワクワク。相手がクズだから、実はドキドキというのもある。
ニシコリはハイセンス・アリーナのなんとナイトセッションに入った。相手がベルダスコだからだろうけど、すごいにゃ。なまじエナンの試合がナイトに入っていたら、また見られないところでした。ここはラッキー。

ALLEZ! JUSTINE!

posted by ochappa at 23:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 2011Australian Open | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の全豪は終わった・・・
弱弱しいエナンだった。。。
Posted by chiko at 2011年01月21日 13:12
4-6, 7-6
最後は流石でしたけど、やっぱり試合慣れしてないって事で...
試合数をこなしてもらってこれからです。
Posted by Megcat at 2011年01月21日 13:14
4-6,6(8)-7
残念でした。最後は粘ったのに。
クズには優勝してもらいたい。
Posted by ochappa at 2011年01月21日 13:34
次にエナンが見られるのは2月5日からのFED CUPなのね。
それまでに肘の状態がもっとよくなっていますように。
Posted by Megcat at 2011年01月21日 15:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181696816
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。