2012年06月17日

RG2012インタビュー

ローランギャロス2012に、エナンはテレビコメンテーターとしてやってきた。オフィシャルサイトにエナンのインタビューが1本、載っていた。

■Justine Henin: I was like a machine, and I regret it
Thursday, June 7, 2012 By Benjamin Adler



b_06-05-Portrait-henin.jpg

Q Justine, what is your biggest fear?
ジュスティーヌ、一番怖いことは何?

Being abandoned. I’m afraid of being alone, like most people I guess. But I’m doing everything I can to make sure that doesn’t happen (smiles). Otherwise I don’t have any phobias, really, no specific fears to speak of.
見放されることね。ひとりになるのが怖いの、人が一番好きなのよ。だからそうならないようにできることは何でもするけど(スマイル) といっても実際のところ、特に話すような怖いことはないけどね。

Q What is the first dream you made come true?
初めてかなった夢は?

When I was a kid, I lived for tennis, and there wasn’t much room for anything else. When I was a teenager, I had posters of Steffi Graf in my room, and I dreamt of winning the French Open. So when I met her and won here, I made two big dreams come true. A bit later, when I was 22, I went skydiving – that was something else I’d dreamed of doing.
子どもの頃、私はテニスのために生きていて、他のことをする余裕はなかった。ティーンエイジャーの時、部屋にシュテフィ・グラフのポスターを貼っていたわ。それとフレンチオープンで優勝するのが夢だった。だから彼女に会って、ここで勝って、私は2つの大きな夢がかなった。それから少し後に、22歳の時、スカイダイビングしたんだけど、それはテニス以外で夢だったことだったわね。

Q When were you most angry with Carlos Rodriguez (her coach)?
カルロス・ロドリゲス(コーチ)にもっとも怒ったのはいつ?

I was angry a lot, but I usually managed to keep it in (smiles). I remember one time when I really exploded. It was at Amelia Island, during a match against Conchita Martinez in 2004. I wasn’t feeling very well and later we found out that I had a virus – a bit like glandular fever. Carlos took me aside and started bawling me out on the side of the court, because I was playing so badly. I found that really unfair, so for once I yelled back. I really got stuck into him and he left the court. He never did that again. He was always pretty hard on me, but I knew it was for my own good. That particular time, I resented it. Generally speaking, I was lucky to have Carlos, but he was also lucky to have a player that put up with him for fifteen years (smiles).
私はしょっちゅう怒っていたけど、なんとか納めることができたわね(スマイル) 一度すごく爆発したのを覚えているわ。2004年のアメリア・アイランドでコンチータ・マルチネスと対戦した時。私は気分がよくなくて、その後ウイルスに罹っていることがわかったの。腺異常の熱があって。カルロスは私の脇で、コートサイドで怒鳴り始めたのよ、私のプレイがすごく悪かったから。私はアンフェアに感じて、一度、怒鳴り返したわ。彼の前で本当に動けなくなって、彼はコートから出て行ったわ。彼は二度とそんなことしなかったけど。彼はいつも私にすごく厳しいのだけど、それは私のためを思ってのことだとわかってました。だからあんなに憤慨したのは特別ね。
ま、全体的に言って、私はカルロスがいてラッキーだったわ。でも15年間もいっしょにできる選手を持てて、彼もラッキーよね。
→つづき
posted by ochappa at 22:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 2011〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする