2010年07月09日

BEST OF BELGIUM

7月8日、ベルギーで行われたエキシビBEST OF BELGIUMは、無事、観客数史上最大をマークしました。35,681人です。

Record crowd sees Clijsters beat Serena Williams(BBC)

怪我でプレイできなくなったエナンに代わり、呼ばれたのは世界ナンバー1のセレナ。試合は、ストレートで無難にキムの勝ち。アンパイアはナブラチロワ、セレナのバックアップ(?)にスキアボーネまで呼ばれたそうです。会場には、フェドカップキャプテンのアペルマンス、ベルギーの有名な女子陸上選手、北京オリンピック高跳びで金メダルの女子選手(名前わからなくてごめん)も来ていました。
ま、観客数が1973年に行われたBattle of the Sexes match between Billie Jean King and Bobby Riggsを超えることが命題だったエキシビですから、目標がクリアできてよかったですね。

で、エナンですよ。
media_xl_3789422.jpg
ちゃんとかわいい格好で来たじゃないですか。手を振るポーズもサマになっていて、昨年の芸能活動がムダじゃなかったことを示しています。

もういっちょ。
albumlarge3789494.jpg
スキアボーネを出しておきたかっただけです^^ ほんま、面白いですね、この選手は。
こうして見ると(こうして見なくてもだけど)、やっぱりエナンは小柄です。フツーの人じゃん。セレナがでかいのか。おお、全員GSタイトルホルダーですね。すごい5ショット+誰、このおじさん? 主催者か。
そのエナンの右肘には、しっかりとギプスが巻いてあります。色が服と合っているので、一見、ワンピースの一部かと思いました。
思えば、エナンは4月のフェドカップで左手の小指を骨折し、今度は右肘の靱帯損傷と、アクシデントが続きました。ファーストキャリアのエナンは、元々痛めていたところを悪化させたとか、足首捻挫ぐらいは何度もありましたが、大きな突発的怪我はありませんでした。今思えば、それはラッキーだったのかも。
とにかく肘をやっちまったのです。絶対、完治するまで出てこないでほしい。テーピングなど必要ない状態で復帰してほしい。こちら1年と半、待った実績があります^^; いくらでも辛抱強く待てます。でも、早く治ってね。

posted by ochappa at 22:42| Comment(30) | TrackBack(0) | 2010/7〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

肘、靱帯損傷

エナンの右肘。靱帯損傷です。
うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。
shockshockshockshockshockshockshockshockshock.

Justine Henin to miss US Open with elbow injury(BBC)

>>Henin said she had suffered a "partial ligament fracture at the right elbow".

"Therefore I regret to announce that I can't, unfortunately, play in the Best of Belgium. I'll nevertheless be present for this wonderful event, which is important for me," she said.

"This injury will keep me away from the courts for roughly two months, with the consequence that I have to withdraw from my US round of tournaments, including the US Open.

"In four weeks, I'll take complementary medical examinations that will give me certainty about the end of this season."
>>

「残念ながら、ベスト・オブ・ベルギーでプレイできません。それでもこの素晴らしいイベントに参加はします。それは私にとって大事なこと。
およそ2か月、コートに立てないでしょう。したがってUSOPENは欠場しなくてはなりません。
残りのシーズンについては、4週間、治療をしてから、何らかはっきりできるでしょう」

§まさかそこまで痛めていたとは。
キム戦の第1セット第3ゲームの転倒でした。そこから1時間以上、エナンはプレイを続けたわけです。転んだ直後は、プレイ続行できないほどの痛みではなかったのでしょう。アドレナリンも出まくっていて。でも、違和感はありありだったでしょう。よくあそこまでプレイできたものです。(レベルは違いますが、私は去年、転んで手首の靱帯を痛めた直後にテニスを4時間しました。その晩に痛みが出て、結局治るのに2か月かかった。) だから致命的に断裂した、というわけではないのだと思いたい。。。

§それで来週8日のイベント「ベスト・オブ・ベルギー」には、なんとエナンの代わりにセレナが出場するそうです@@ 主役が出られないのだからキャンセルすればいいのに。そーいうわけにもいかないようで。ビジネスなんですね。しかし、セレナも??? でしょうね。なんでアタシがジュスティンの代わりよ??? 
ベルギーのエキシビなんだから、フリプケンスとウイックマイヤーを呼べばいいじゃないですか。キム+アペルマンス対フリプケンス+ウイックマイヤーのダブルス、審判エナン、でもいいじゃないですか。

§そしてUSOPEN、欠場です。がっつり残念です。
今、セレナは絶好調。全盛期の強さを見せつけています。絶好調のうちにエナンとの対戦が見たかった。どうしてこう噛み合わないのでしょう。
そういえば、キムも4月のフェドカップで足の靱帯損傷でフレンチを欠場しました。どーして、この二人、こんなに似てしまうのでしょう。

→つづき
posted by ochappa at 22:14| Comment(15) | TrackBack(0) | 2010/7〜NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。